D-shot contest 入賞作品
- kazu_ma 様 -




第11回 入選  kazu_ma 「冬の大三角形」 (山形県・長井ダム)

[選評] <選評・萩原 雅紀>
  あまり天気が良くないのに空気はきりっと澄んでいて、いかにも氷点下な感じ。 見ただけで真冬の東北の厳しさを感じられる作品です。 今回は、このようにダム堤体の全景を下流側の正面から撮った、という作品がほとんどありませんでした。 そんな中で、雪深い季節にダムが見えるこの場所まで出かけ、手がかじかみながら三脚を立てて、構図を決め、水平を調節し、絞りや露出を考えながらシャッターを押す、それだけでもう十分にリスペクトです。 そのうえ放流もしているし、遠くの山や鉄塔までクリアに見える。 ひょっとしたら視界が晴れるまでいくらか待ったりしたのかも知れない、そう思うと寒さで背中がゾクゾクしてきます。 堤体の雪化粧もちょうど良くて、とても素敵な写真だと思います。




第12回 優秀賞  kazu_ma 「White Octopus」 (宮城県・七ヶ宿ダム)

[選評] <選評・宮島 咲>
  色の無い世界。ロックフィルダムの導流部という何気ない写真ですが、雪により色彩が奪われると、こうもシステマティックに見えてしまうものなのだと感動しました。色がある世界では目立つことのない、手前に写るコンクリートの凹凸や、左岸のり面の凹凸、そして、導流壁の複雑な形状。その逆に、右上に写る、普段は多種多様な色で構成されるはずの公園が色を奪われた光景。これらが総合的に作用し、巨大なオクトパス(タコ)がここに現れたのだと思います。
  この作品を見て最初に感じたイメージは「カッコいい」でした。しかし、作品のタイトルを見てそのイメージが一新されました。この様な景色にもかかわらず、オクトパスを想像できる作者の感性には脱帽です。




第12回 優秀賞  kazu_ma 「釣り日和」 (山形県・前川ダム)

[選評] <選評・中川 ちひろ>
  日本絵画のような美しさですね。人物の点と陸地の曲線、そして光が当たった広い湖の余白。どこか懐かしさを感じます。
  まさに「ダムに親しむ」のテーマにふさわしく、釣りをする様子がのどかで、とても気持ちが良いです。
  こういう、素直な気持ちで撮った写真は、すっと人の心に響きます。




第12回 入選  kazu_ma 「混一」 (宮城県・七ヶ宿ダム)

[選評] <選評・窪田 陽一>
  水の量感が、流れの緩急とともに、ひしひしと伝わってくる作品です。ダムの放流口に、暗緑色の斑模様を背に負った未知の巨獣が顔を突っ込んで伏しているかのようにも見えます。丸みを帯び傾斜して流れる水面に現れたさざ波は、ぬめるような艶めかしい肌合いを持つ襞にも見え、絞り込まれた水が泡立っている個所とは対照的な質感を覚えさせてくれます。表題の「混一」は、近頃の巷では流行らなくなった麻雀の役のことではなく、統合あるいは結束を意味する言葉のようです。水位が下がるまでの間、流水はここで束ねられ、宙を舞う飛沫を放散しつつ下流に落下し去っていく、その一切を一コマの静止画に凝集させた慧眼が見事です。




第13回 優秀賞  kazu_ma 「ぬめる迷宮」 (秋田県・松倉ダム)

[選評] <選評・西山芳一>
  まず美味しそう!まるで有名なパティシエの作ったカットケーキを並べて撮影したように見えますね。でも、実際の香りというか匂いや苔のぬめりを想像すると吐き気をもようしてくるのは私だけでしょうか? 確かな技術で汚いものを美しく撮りすぎてしまったそのギャップがこの作品の素晴らしさかもしれません。醜を美にしてしまう罪深い写真ですが、写真コンテストですから許されますね。




第13回 優秀賞  kazu_ma 「青と緑の揺らぎ」 (秋田県・八塩ダム)

[選評] <選評・宮島 咲>
  ダム湖の入り江で良く見かける風景ですが、樹木の葉の揺れ具合と、湖面のさざ波から「風」を感じる作品です。撮影日は春でしょうか。東北のダムですから5〜6月頃でしょうか。心地よい風が吹き、快適な様子が写真から伝わってくる作品でした。もし、この作品をダム湖部門として応募したら、これといって目を引かない作品になっていたかもしれませんが、テーマを持って拝見すると、風という目に見えないものを十分に感じることができるものだと感じました。




第13回 入選  kazu_ma 「地吹雪の向こう側」 (宮城県・川原子ダム)

[選評] <選評・宮島 咲>
  優秀賞の「青と緑の揺らぎ」と同様に、アースダムを写した作品です。宮城県にあるダムで、この写真が冬の東北地方の厳しさを物語ってくれています。手前に見える橋は導流部にかかる橋で、その奥に堤体が見えます。ものすごい地吹雪の中になぜか現れた虹が、とても幻想的な雰囲気を醸し出しています。この作品で感じた風は、肌を凍てつかせる寒冷地の強風です。この作品は「青と緑の揺らぎ」と同一の作者ですが、こんなに表情の違った風を見せてくれるのだと感心しました。




第14回 入選  kazu_ma 「夕景シルエット」 (宮城県・長沼ダム)

[選評] <選評・萩原 雅紀>
  こういう写真、撮りたいんですよね。空の青も綺麗だし、太陽のまわりのグラデーションも美しく、適度に散らばった雲もいいアクセント。仲良く並ぶゲートピアは、ゲートが上がったり降りたりしていて、まるで学校帰りに肩を組んで歩く男の子たち、というようなイメージが浮かびました。ダム本体部門の中では僕がいちばん気に入った、素敵な写真だと思います。




第14回 入選  kazu_ma 「天端に映る空」 (福島県・堀川ダム)

[選評] <選評・宮島 咲>
  雨というテーマとしては、もしかしたら怪しい作品なのかもしれません。しかし、雨が作り上げたと思われる水たまりが、この地に雨が降ったことを実感させるものとなっています。この作品で何より素晴らしいのが、水たまりの中の世界です。私は水たまりの中に小さな宇宙を見ることができました。輝く銀河系の太陽、アスファルトの乱反射は宇宙の星々、映った雲はいくつもの星雲。皆さんはどう見えますか?