[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]


比べてみよう、世界と日本 
〜水資源賦存量〜

 これは、水資源賦存量の国際比較をしたものです。作成に当たっては、国土交通省水資源部編「平成16年版 日本の水資源」を参考にし、図表は全て同書によっています。
水資源賦存量とは

 水資源賦存量とは、水資源として、理論上人間が最大限利用可能な水の量で、単に水資源量とも言います。降水量から蒸発散によって失われる量を引くことによって計算されます。地域によって自然条件から利用可能な水の量は異なりますが、その違いを水資源賦存量によって知ることが出来ます。

人口に比べて水資源賦存量が小さいのはアジア、ヨーロッパ、アフリカ



日本は降水量は多いものの水資源には恵まれていない



関東はエジプトと同じくらい人口当たりの水資源が少ない


(平成16年9月作成)
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]