大室山

大室山は伊豆高原のシンボルとも言われる山で約5000年前の噴火でできた山です。頂上はすり鉢状に窪んで、深さ約70m、直径約300m、周囲約1000mの大きな噴火口があります。
頂上まではペアリフトが運行されています。料金は大人往復420円です。頂上からは360度の展望が開けており、伊豆大島、天城連山、富士山や晴れた日には遠く南アルプスまで望むことができます。
山麓には桜の里があります。寒桜、彼岸桜や染井吉野など37種類もの桜があるため、9月から翌年6月まで桜を楽しめます。なお、入場は無料です。また、リフトの前には伊豆シャボテン公園があり、大人から子供まで1日中遊べるスポットです。

桜の里から見た
大室山

桜の里より
菜の花と大室山

大室山遠景

大室山リフト

伊豆シャボテン公園

写真をクリックすると拡大表示になります

トップページへ