全項目表
 
ダム番号:648
 
広田堰 [千葉県](ひろたぜき)
 [別名]海老敷の堰(えびしきのせき)

13/05
ダム写真

(撮影:だい)
114044 KAキ
116029 KAキ
145371 Dam master
116030 KAキ
  →ダム便覧トップ写真   →フォト・アーカイブス [ 提供者順 / 登録日順 ]
どんなダム
 
「海老敷の堰」とも呼ばれる
___ 農業用溜め池で、「海老敷の堰」とも呼ばれるようだ。溜池竣工記念碑の碑文によれば、1922(大正11)年に計画され、多年の雑工事の末、1929(昭和4)年に完成。総延人数5万人を動員し、留池工事費13万円、用水路及び道路新設工事費11万5500円を費やしたという。
余水吐は垂直落下式余水吐隧道
___
余水吐の構造が珍しく、「垂直落下式余水吐隧道」で、縦坑と隧道を組み合わせたものだという。
[写真](撮影:Dam master)
左岸所在 千葉県南房総市海老敷字広田  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯35度03分09秒,東経139度54分56秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  増間(2km)  仲尾沢堰(4km)  大谷川(5km)  一の沢堰(5km)  安房中央(5km)  山田溜池(6km)  丹生堰(6km)  佐久間(8km)  小向(8km)

河川 平久里川水系海老敷川
目的/型式 A/アース
堤高/堤頂長/堤体積 16.7m/57m/19千m3
流域面積/湛水面積 0.8km2 ( 全て直接流域 ) /4ha
総貯水容量/有効貯水容量 304千m3/304千m3
ダム事業者 三芳村国府第一土地改良区
着手/竣工 /1928
リンク ダムマニア・広田ダム
海老敷の堰
諸元等データの変遷 【06最終→07当初】左岸所在地[安房郡三芳村海老敷字広田→南房総市海老敷字広田] 河川名[海老敷川→谷室沢]
【07当初→07最終】河川名[谷室沢→海老敷川]
【08最終→09当初】堤高[16.7→17]
【09当初→09最終】堤高[17→16.7]
【11最終→12当初】総貯水容量[308→304] 有効貯水容量[308→304]
→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。