全項目表
 
ダム番号:2551
 
横竹ダム [佐賀県](よこたけ)
 [旧名]春日ダム(かすが)

14/03
ダム写真

(撮影:だい)
  → フォト・アーカイブス [ 提供者順登録日順 ]
どんなダム
 
ダムサイト変更に伴い改名
___ 地元の地先名を取って春日ダムとして昭和48年から実施計画調査を行ったが、その後、ダムサイトを横竹地先に変更。建設事業着手時点に横竹ダムに改名。
300t吊り大型クローラクレーンによる打設
___ ダム本体のコンクリート打設は、拡張レヤ工法を採用。300t吊り汎用大型クローラクレーンを使用。自走式で、カバーエリアが広くとれる。これほど大型のクローラクレーンの使用は全国で例を見ないという。
テーマページ ダムツーリング -史上最大の作戦・第二次九州/中国地方-
左岸所在 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田字横竹  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯33度03分34秒,東経130度02分17秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  中木庭(4km)  万才溜池(5km)  岩屋川内(5km)  笹原溜池(8km)  花取溜池(8km)  七曲溜池(8km)  萱瀬(元)(9km)  萱瀬(再)(9km)

河川 塩田川水系吉田川
目的/型式 FN/重力式コンクリート
堤高/堤頂長/堤体積 57m/249m/177千m3
流域面積/湛水面積 8.3km2 ( 全て直接流域 ) /23ha
総貯水容量/有効貯水容量 4290千m3/3950千m3
ダム事業者 佐賀県
本体施工者 奥村組・松尾建設・唐津土建工業
着手/竣工 1973/2001
ランダム情報 【コンクリートダムの工法】拡張レヤ工法
【ダム工事年表】仮排水路(1994.12〜1996.1) 本体掘削(1994.12〜1995.10) 本体打設/盛土(1995.12〜1998.3)
【ダムカード配布情報】【統一デザイン以外】 H28.10.1現在 (国交省資料より作成、情報が古いなどの場合がありますので、事前に現地管理所などに問い合わせるのが確実です) Ver1.0
○佐賀県横竹ダム管理所 9:00〜17:00(平日)職員が不在の場合や土・日・祝日及び年末年始は、ダム管理所玄関付近の張り紙をお読みください。
ダムカード画像コレクション
横竹ダム [ダムカードコレクションH(全13ダム)] ver.1.0 (2010.04)
[協力:mayuno]
内部リンク 「月刊ダム日本」2001年4月号表紙・横竹(よこたけ)ダム
リンク Dam's room・横竹ダム
NAUTIS’s Site・横竹ダム
参考資料
■横竹ダムの設計と施工について / 岩永 忠・田崎茂樹
【ダム日本 No.618(H8.4)】
■横竹ダムの拡張レヤー工法による建設と基礎処理について 佐賀県土木部西部地区ダム建設事務所工務第二課長 片 倉 輝久雄
【第47回ダム施工技術講習会(H12.7.28)】
■横竹ダムの拡張レヤー工法による建設と基礎処理について − 300t大型クローラークレーンによる堤体打設と延長897mのリムトンネル施工 − /片倉輝久雄
【ダム日本 No.674(H12.12)】
■【カラーグラビア】写真で見る横竹ダム
【ダム日本 No.678(H13.4)】
諸元等データの変遷 【05最終→06当初】左岸所在地[藤津郡嬉野町大字吉田→嬉野市嬉野町吉田]
【06最終→07当初】左岸所在地[嬉野市嬉野町吉田→嬉野市嬉野町大字吉田字横竹] 河川名[塩田川→玉島川]
【07当初→07最終】河川名[玉島川→吉田川]
【11最終→12当初】堤体積[176→177] 湛水面積[20→23]
【12最終→13当初】本体施工者[奥村・松尾・唐津土建→奥村組・松尾建設・唐津土建工業]
→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。