全項目表
 
ダム番号:3032
 
山本第二調整池 [新潟県](やまもとだいにちょうせいち)
 [旧名]新山本調整池(しんやまもとちょうせいち)

14/03
ダム写真

(撮影:だい)
100502 だい
100503 だい
093989 Dam master
100504 だい
  →ダム便覧トップ写真   →フォト・アーカイブス [ 提供者順 / 登録日順 ]
どんなダム
 
首都圏の電車の電力
___ JR東日本の調整池で、ここから水がJR新小千谷発電所に送られ、生み出された電力は、首都圏の電車などに使われる。
シールドマシンの一部を展示
___
山本第二調整池直前の水路トンネル(山本工区)で使われたシールドマシンの一部が展示されている。直打ちコンクリートライニング(ECL)工法。シールド工法により掘削し、その後、地山と内型枠の間にフレッシュコンクリートを連続的に加圧打設。これらを一連の機械装置で行う。それまでは都市土木施設で採用されていたが、山岳トンネルでの採用は日本初。
[写真](撮影:KAキ)
新潟県中越大震災で被害
___
2004年10月23日の新潟県中越大震災で、堤体にゆがみが生じるなどの被害があった。そのため、補修が必要となった。
[写真]補修工事中(撮影:Hisa)
このごろ ダムカード配布情報
宮中取水ダムほかのダムカードについて
左岸所在 新潟県小千谷市大字山本  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯37度17分14秒,東経138度48分20秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  山本調整池(1km)  頭無堤(3km)  太田(6km)  北の沢溜池(8km)

河川 信濃川水系信濃川
目的/型式 P/ロックフィル
堤高/堤頂長/堤体積 42.4m/1392m/千m3
流域面積/湛水面積 km2 /31ha
総貯水容量/有効貯水容量 3640千m3/3200千m3
ダム事業者 東日本旅客鉄道(株)
本体施工者 大成建設・日本国土開発・青木建設
着手/竣工 1983/1990
ランダム情報 【ダムカード配布情報】H29.4.1現在 (国交省資料を基本とし作成、情報が古いなどの場合がありますので、事前に現地管理所などに問い合わせるのが確実です) Ver1.0
○市民の家・小千谷信濃川水力発電館(愛称:おぢゃ〜る) 9:00〜18:00(休館日:水曜日、12/29〜1/3)但し冬季(11/1〜3/31)は9時〜17時
○JR信濃川発電所 10:00〜16:00(4/1〜11/30のGW・お盆を除く平日のみ配布)
ダムカード画像コレクション
山本第二調整池ダム Ver.1.0 (2013.01)
リンク 山本調整池・新山本調整池復旧工事見学記(ダム工学会)
信濃川発電所の復旧状況について(PDF)(東日本旅客鉄道株式会社)
新潟県中越地震に関するダム工学会災害調査団調査報告(一般社団法人ダム工学会)
水力ドットコム・新小千谷発電所
鉄道の電化・発展に大きく寄与したJR信濃川発電所(土木学会関東支部新潟会)
諸元等データの変遷 【06当初→06最終】かな[しんやまもとちようせいち→しんやまもとちょうせいち]
【08最終→09当初】堤高[42.4→42]
【09当初→09最終】堤高[42→42.4]
【12最終→13当初】ダム名[新山本調整池→山本第二調整池] かな[しんやまもとちょうせいち→やまもとだいにちょうせいち] 左岸所在地[小千谷市大字山本地内→小千谷市大字山本] 着手[1983→1985] 竣工[1989→1990] 本体施工者[大成・日本国土・青木→大成建設・日本国土開発・青木建設] 堤体積[2300→]
【13最終→14当初】着手[1985→1983]
→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。