全項目表
 
ダム番号:1022
 
水殿ダム [長野県](みどの)


14/03
ダム写真

(撮影:田中創)
053757 Dam master
028416 灰エース
019082 ToNo
028422 灰エース
139180 s_wind
102034 加藤敦
102046 加藤敦
081218 安河内孝
  →ダム便覧トップ写真   →フォト・アーカイブス [ 提供者順 / 登録日順 ]
どんなダム
 
安曇三ダムの一つ
___
奈川渡ダム、稲核ダムとともに、安曇三ダムの一つ。いずれも東京電力のアーチダム。安曇村の観光に大きく貢献。水殿ダムは3ダムの中間に位置しており、上流の奈川渡ダム、下流の稲核ダムとの間でそれぞれ揚水発電を行っている。このため、安曇発電所の下池であり、また水殿発電所の上池でもある。
[写真]安曇三ダム(上から奈川渡ダム、水殿ダム、稲核ダム)
スキージャンプ式洪水吐
___
非常用洪水吐は堤体にはなくて、右岸側にある。スキージャンプ式の洪水吐
[写真](撮影:TAKASHI)
珍しい越流型ラジアルゲート
___
洪水吐ラジアルゲートは、越流型のようだ。珍しいのではないか。
[写真](撮影:Dam master)
シリーズ ダム百選 投票から
第 20 回  『 電車やバスで行けるダム 』
■ アルピコ交通上高地線・新島々駅からアルピコ交通バスに乗車、「水殿ダム」バス停下車すぐ (星野夕陽)
テーマページ ダムの書誌あれこれ(29) 〜千曲川のダム〔上〕 (奈川渡・水殿・稲核・高瀬・七倉・大町)〜
このごろ クラウドファンディングを活用してダムカードを発行します!
左岸所在 長野県松本市安曇  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯36度09分15秒,東経137度44分52秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  稲核(3km)  奈川渡(4km)

河川 信濃川水系梓川
目的/型式 P/アーチ
堤高/堤頂長/堤体積 95.5m/343.3m/304千m3
流域面積/湛水面積 431km2 ( 全て直接流域 ) /57ha
総貯水容量/有効貯水容量 15100千m3/4000千m3
ダム事業者 東京電力(株)
本体施工者 間組
着手/竣工 1965/1969
ランダム情報 【ダムカード配布情報】H30.4.1現在 (国交省資料を基本とし作成、情報が古いなどの場合がありますので、事前に現地管理所などに問い合わせるのが確実です) Ver1.0
○道の駅「風穴の里」 【営業時間】9:00〜17:00(夏季は営業時間の延長有)【定 休 日 】11月中旬〜4月中旬は木曜日(ただし木曜日が祝祭日の場合は営業)※事前にホームページ情報をご確認ください。※ダムカード配布場所とダムは離れた場所ありますのでご注意願います。また、ダムカードが欲しい場合はダムに行った証明(写真等)が必要となります。
リンク Dam master・水殿ダム
DAM Photographer・いよいよ本題の・・・
DAM Photographer・お待たせいたしました♪
DAM Photographer・さぁ ! 続きだ・・・
DAM Photographer・右岸の公園に・・・
DAM Photographer・続きの続き・・・
DAM Photographer・吊り橋なんですが・・・
DAM-goodfellows・水殿ダム
Damnist・水殿ダム
Dam's room・水殿ダム
Damstyle・水殿ダム
NAUTIS’s Site・水殿ダム
THE SIDE WAY・水殿ダム
ウィキペディア・水殿ダム
だむ†ほりっく・水殿ダム
ダムペディア・ドライブコース
ダムペディア・水殿ダム
ダムマニア・水殿ダム
ダムマニヤ倶楽部・水殿ダム
ダム湖の風景・水殿ダム
ダム好きさん【水殿ダム】
吉備の国 風景撮物帳・水殿ダム
今日もご安全に!!・長野県のダム・水殿ダム
週末はダムに居るかもね♪・水殿ダム
水力ドットコム・安曇発電所
水力ドットコム・水殿発電所
雀の社会科見学帖・水殿ダム 見学 その1
棒ふりの休憩室・ダムの写真集
関連書籍 ■ダムの記録編集委員会 『ダムの記録 奈川渡ダム・水殿ダム・稲核ダム』 長野県安曇村 1971
諸元等データの変遷 【05最終→06当初】左岸所在地[南安曇郡安曇村字栃沢→松本市安曇字栃沢]
【06当初→06最終】河川名[犀川→梓川]
【08最終→09当初】堤高[95.5→96]
【09当初→09最終】堤高[96→95.5]
【11最終→12当初】左岸所在地[松本市安曇字栃沢→松本市安曇] 竣工[1970→1969] 堤体積[301→304]
→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。