全項目表
 
ダム番号:2560
 
日ノ峯ダム [佐賀県](ひのみね)


13/05
ダム写真
  → フォト・アーカイブス [ 提供者順登録日順 ]
どんなダム
 
夫婦ダム
___ 隣接する二つのダムを合わせて狩立・日ノ峯ダムとも呼ばれ、2ダム1事業として建設。貯水池が隣接し、両貯水池を延長148mの連絡水路トンネルと延長116mの連絡洪水吐きで結ぶ珍しい設計。両ダムを一体として運用。利水運用には連絡水路トンネルを使用。洪水調節には両貯水池間の尾根を開削した開水路を設け、狩立ダムのみに常用洪水吐非常用洪水吐を設置。町内にある黒髪山の夫婦岩にちなんで「夫婦ダム」と呼ばれる。
テーマページ ダムツーリング -史上最大の作戦・第二次九州/中国地方-
左岸所在 佐賀県武雄市山内町宮野字日ノ峯  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯33度10分59秒,東経129度55分37秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  狩立(0km)  古木場(2km)  有田(3km)  野々川(4km)  矢筈(5km)  竜門(6km)  渕の尾(再)(7km)  庭木(7km)  江永(8km)  繁昌(9km)

河川 松浦川水系日ノ峯川
目的/型式 FNW/重力式コンクリート
堤高/堤頂長/堤体積 28.4m/112m/22千m3
流域面積/湛水面積 0.4km2 ( 全て直接流域 ) /7ha
総貯水容量/有効貯水容量 460千m3/447千m3
ダム事業者 佐賀県
本体施工者 青木建設・松尾建設・稲富組
着手/竣工 1982/2001
ランダム情報 【コンクリートダムの工法】レヤ工法
【ダム工事年表】仮排水路(1998.11〜1999.1) 本体掘削(1998.5〜1998.11) 本体打設/盛土(1998.9〜1999.5)
【ダムカード配布情報】【統一デザイン以外】 H28.10.1現在 (国交省資料より作成、情報が古いなどの場合がありますので、事前に現地管理所などに問い合わせるのが確実です) Ver1.0
○佐賀県狩立・日ノ峯ダム管理所 9:00〜17:00(平日)職員が不在の場合や土・日・祝日及び年末年始は、ダム管理所玄関付近の張り紙をお読みください。
ダムカード画像コレクション
狩立・日ノ峯ダム [ダムカードコレクションI(全13ダム)] ver.1.0 (2010.04)
[協力:mayuno]
内部リンク 「月刊ダム日本」2001年3月号表紙・狩立・日ノ峯(かりたてひのみね)ダム
リンク Dam's room・日ノ峯ダム
NAUTIS’s Site・日ノ峯ダム
ダム好きさん【日ノ峯ダム】
狩立・日ノ峯ダム(佐賀県ダム管理事務所)
参考資料
■狩立・日ノ峯ダムの設計と施工について / 満山定助 −同一設備利用による2ダム施工−
【ダム日本 No.649(H10.11)】
■狩立・日ノ峯ダムの設計と施工について − 同一設備利用による2ダム施工 − 佐賀県西部地区ダム建設事務所 工務第一課長 満 山 定 助
【第44回ダム施工技術講習会(H10.11.26)】
■【カラーグラビア】写真で見る狩立・日ノ峯ダム
【ダム日本 No.677(H13.3)】
諸元等データの変遷 【05最終→06当初】流域面積[→0.4]
【06当初→06最終】流域面積[0.4→]
【06最終→07当初】左岸所在地[杵島郡山内町大字宮野字日ノ峯→武雄市山内町宮野字日ノ峯] 河川名[狩立川→廻里江川] 流域面積[→0.35] 湛水面積[→7] 総貯水容量[→460] 有効貯水容量[→447]
【07当初→07最終】河川名[廻里江川→日ノ峯川]
【08最終→09当初】堤高[28.4→28]
【09当初→09最終】堤高[28→28.4]
【11最終→12当初】流域面積[0.35→0.4]
【12最終→13当初】本体施工者[青木・松尾・稲富組→青木建設・松尾建設・稲富組]
→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。