《このごろ》
最近の天ヶ瀬ダム事情

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
 天ヶ瀬ダムは、美しい曲線を描くアーチダムです。
 加えて、ゲート放流の回数も多いダムとしても知られています。

 その天ヶ瀬ダム右岸でのことです。
◆「どちらへ?」
●「トイレまで行きたいのですが…。」
◆「本当にトイレだけなのですね。それでは、足もとに気をつけてお通り下さい。」
 ここで「堤頂に行く。」などと言ったら、氏名などを記帳しなければならないようです。

 現在、天ヶ瀬ダムは堤頂部の欄干を取替える工事が行われています。事故防止のため警備員さんが常駐しています。以前は、夜間も自由に散策できるダムでした。変わってしまった。
 いつから、厳しくなったのでしょうか。どうして…?

 ほんの少し前まで、このようなものはありませんでした。




 ピンク電話のそばには、10円玉が数枚ケースの中に置かれていました。
 10円玉に刻まれている寺院は、奇しくもこのダムの直下にある平等院鳳凰堂です。必要な方は、遠慮なくご利用ください。


 このような不幸を防止するため、次のような提案をいたします。

@駐車スペースを増やす。
 現在、管理所から道路を隔てた所に数台の自動車を止められるパーキングエリアのようなものがあるだけです。しかし、これも普通車5台程度がやっと縦列駐車できる規模です。公共交通機関からも、徒歩では相当の距離があります。駐車場を増設して来場者を増やすべきです。

A定期的に観光放流を行う。
 通常、180m3/秒前後の発電放流をしています。このうち、1回10分程度でも30m3/秒をコンジットゲート放流に振替える。電力会社の水利権を侵害する提案ですが、人命には代えられません。宮ヶ瀬ダムの集客力を参考にしていただきたいものです。天ヶ瀬ダムと宮ヶ瀬ダムは、1字違いです。

Bダムカードを休日も配布する。
 警備員さんに委託すれば、ダムカードを休日にも配布できるはずです。

 すぐ下流にある平等院には多数の観光客が来るものの、天ヶ瀬ダムまで足を運ぶ人はほとんどありせん。観光客が、たくさん押し寄せるダム。このような衆人環境では、自から生命を断たんとする方も、きっと思い留まってくれるはずです。

 上記@・Aは直ちには無理かもしれません。Bは比較的、実施可能ではないでしょうか。

 自殺という行為は、国民全体の損失です。統計によれば年度末である3月は、最も自殺者数が多くなるそうです。人類の英知を集結したダムに自殺目的のものは、1つもあるはずがありません。
 サクラの季節には少し早いかもしれませんが、ダム愛好家の皆さんは3月のお休みに、ご家族大挙して近くのダム見学に行きましょう。あなたがたの行楽が、人命を救うかもしれません。


[関連ダム] 天ヶ瀬ダム(元)
(2010.3.17、安部塁)
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (安部 塁)
 トップ写真に掲載(47 枚)
 フォトアーカイブスに写真提供(1034 ダム 4013 枚)
 ダム協会写真コンテスト受賞写真(2 枚)
 「このごろ」の関連記事(77 件)
 「テーマページ」の関連記事(24 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。