全項目表
 
ダム番号:78
 
新区画ダム [北海道](しんくかく)


11/09
ダム写真

(撮影:ふかちゃん)
  →フォト・アーカイブス [ 提供者順 / 登録日順 ]
テーマページ ダムツーリング -北の大地へ-
このごろ ダムをうたう(39) -新区画ダム-
左岸所在 北海道上川郡美瑛町字新区画1424番の6地先  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯43度36分02秒,東経142度30分46秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  聖台(2km)  忠別(10km)

河川 石狩川水系ニタチパウマナイ川
目的/型式 A/アース
堤高/堤頂長/堤体積 32.3m/274.7m/482千m3
流域面積/湛水面積 43.1km2 ( 直接:5.1km2 間接:38km2 ) /46ha
総貯水容量/有効貯水容量 5600千m3/5223千m3
ダム事業者 北海道開発局農水部
本体施工者 西松建設
着手/竣工 /1970
リンク Dam's room・新区画ダム
コンクリートと鉄と大地と・新区画ダム
諸元等データの変遷 【05最終→06当初】流域面積[38.5→5]
【06当初→06最終】流域面積[5→38.5]
【06最終→07当初】左岸所在地[上川郡美瑛町新区画→上川郡美瑛町字新区画1424番の6地先] 河川名[ニタチパウマナイ川→石田川] 流域面積[38.5→43.1]
【07当初→07最終】河川名[石田川→ニタチパウマナイ川]
【08最終→09当初】堤高[32.3→32]
【09当初→09最終】堤高[32→32.3]
【09最終→10当初】ダム事業者[北海道開発局・農水部→北海道開発局農水部]

■ このごろ → このごろ目次
ダムをうたう(39) -新区画ダム-

 
 北海道を歩くと至る所で、開拓の碑に遭遇する。明治新政府が誕生するやいなや、全国各地から沢山の人たちが北海道へ入植し、荒地を血の滲むような人力によって、開墾していった。その祖先の苦悩の歴史が碑に刻まれている。ここ美瑛町新区画地域は、大正4年嵯峨甚平が嵯峨農場を開き、入植者が増加していく。新区画の地の開拓の道もまた平坦でなかったであろう。

 先祖が造り上げたこの地に、新区画ダムが北海道開発局によって、昭和38年に着工し、昭和45年に竣工した。嵯峨貞蔵編『美瑛町湖底のふるさと−新区画とダムの歴史−』(新区画とダムの歴史編纂委員会・平成元年)には、水没者の一人鴻上とし子さんは、次のように歌っている。

  〇開拓の鍬に疲れし硬き手をさすりやりたき父は世になく
  〇血と汗もて父が拓きしふるさとは思い出のこしてダムに沈めり
  〇水乾く湖底に佇ちて一本の枯木に涙そそらむ一族

 新区画ダムは、石狩川水系ニタチパウマナイ川の北海道上川郡美瑛町字新区画に位置する。目的は農業用水である。型式はアースフィルダムで、諸元は堤高32.3m、堤頂長274.7m、堤体積48.2万m3、総貯水容量560万m3、有効貯水容量522.3万m3となっている。


新区画ダム(撮影:ふかちゃん)

 作者鴻上とし子さんの歌は、父母の苦難の跡が偲ばれ、それがそのまま故郷への想いでとなって詠まれている。父母もふるさとも永久に戻ってこない。

 美瑛町は平成26年12月現在、人口10594人。富良野町と共に北海道を代表する観光地として発展。ケンとメリーの木などの丘陵風景と花の風景が人気を呼んでおり、「日本一美しい村」に認定されている。

(2015.6.22、古賀邦雄)

→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。