全項目表
 
ダム番号:2439
 
犬鳴ダム [福岡県](いぬなき)


10/09
ダム写真

(撮影:KIYOTAKA)
102924 KIYOTAKA
102899 KIYOTAKA
035708 灰エース
035707 灰エース
  →フォト・アーカイブス [ 提供者順 / 登録日順 ]
どんなダム
 
「犬鳴」の由来
___ 近くに犬鳴山、犬鳴峠などがあるが、地名「犬鳴」の由来。昔々、ある猟師が犬と一緒に山に猟に入ると、犬がわんわんと吠えるので、猟師は鳴声がうるさいと犬を撃ち殺してしまった。ふと顔を上げるとそこには1丈5、6尺(約5メートル)もある大蛇がいた。犬は危険を知らせてくれていた。後悔した猟師は、鉄砲を捨てお坊さんとなり、山に犬の塔を立てて供養したという。
ダム湖は「司書の湖」
___
ダム湖は、江戸時代後期、筑前福岡藩の家老職だった加藤司書の功績をたたえて、「司書の湖」と呼ばれる。加藤司書は中国地方の製鉄技術を学び、犬鳴字金山に鉄山を開いた。また犬鳴御別館(山城)をつくり戦火から藩主をかくまう準備もした。現在も、大手門、、石垣などが残っている。
[写真](撮影:ふかちゃん)
このごろ ダムをうたう(24) -風薫るダム-
左岸所在 福岡県宮若市犬鳴字二番野72−2  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯33度41分16秒,東経130度33分34秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  猪野(4km)  古賀(5km)  久原副(6km)  力丸(6km)  久原(6km)  鳴淵(7km)  釜底溜池(8km)  笠城(9km)  久末(9km)  長谷(9km)

河川 遠賀川水系犬鳴川
目的/型式 FNWI/重力式コンクリート
堤高/堤頂長/堤体積 76.5m/230m/230千m3
流域面積/湛水面積 6.1km2 ( 全て直接流域 ) /23ha
総貯水容量/有効貯水容量 5000千m3/4850千m3
ダム事業者 福岡県
本体施工者 清水建設・住友建設・為広建設
着手/竣工 1970/1994
ダム湖名 司書の湖 (ししょのうみ)
ランダム情報 【ダム工事年表】仮排水路(1989.1〜1989.10) 本体掘削(1988.10〜1989.9) 本体打設/盛土(1989.10〜1992.12)
【ダムカード配布情報】H29.4.1現在 (国交省資料より作成、情報が古いなどの場合がありますので、事前に現地管理所などに問い合わせるのが確実です) Ver1.0
○力丸・犬鳴ダム管理出張所 9:00〜17:00(土・日・祝日等職員不在時は各ダム管理出張所に備え付けの申込用紙に記載してある、申込方法にしたがってお申込み下さい)※配布には、ダムへ行った証明(写真等)が必要となります
ダムカード画像コレクション
犬鳴ダム Ver.1.0 (2015.3)
[協力:ジムニストと西港のダム好き]
リンク Dam's room・犬鳴ダム
ダム好きさん【犬鳴ダム】
福岡県が管理するダムの紹介(福岡県)
参考資料
■犬鳴ダムの補償対策とその経緯 福岡県犬鳴ダム建設事務所所長 金丸國信
【第36回水源地問題実務講習会(H01.03.15)】
■犬鳴ダムの補償対策とその経緯:金丸國信
【ダム日本 No.535(H1.5)】
■犬鳴ダムの施工について −コンクリートダムの効率化施工− 福岡県犬鳴ダム建設事務所技術主任 江 口 友 弘
【第30回ダム施工技術講習会(H03.11.21)】
■犬鳴ダムの施工について −コンクリートダムの効率化施工−:江口友弘
【ダム日本 No.571(H4.5)】
■犬鳴ダムの施工について /北島祥光
【ダム日本 No.582(H5.4)】
諸元等データの変遷 【06最終→07当初】左岸所在地[鞍手郡若宮町大字犬鳴→宮若市犬鳴] 河川名[犬鳴川→泉河内川]
【07当初→07最終】河川名[泉河内川→犬鳴川]
【08最終→09当初】堤高[76.5→76]
【09当初→09最終】堤高[76→76.5]
【12最終→13当初】左岸所在地[宮若市犬鳴→宮若市犬鳴字二番野72−2] 本体施工者[清水・住友・為広建設→清水建設・住友建設・為広建設]
→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。