参考掲載ダム・堰 全項目表
 
7
 
泉南農業公園調整池
(せんなんのうぎょうこうえんちょうせいち)

ダム写真

(撮影:夜雀)
131973 安部塁
131975 安部塁
131979 夜雀
131976 安部塁
  → フォト・アーカイブス [ 提供者順登録日順 ]
 泉南市農業公園「花咲きファーム」にある調整池。そこの堰堤は、堤高は低いが構造が特徴的で極めて珍しい。上流から見ると、バットレスダムの様に見え、笹流ダムに似ている。遮水壁はスチール製で、下流から見るとアーチ型が並んでいる。マルチプルアーチとも言えそう。「マルティプル サスペンション バットレス」とか「マルティプル サスペンション アーチ」と呼ばれているという。
テーマページ 日本にもあったスチールダム
所在地 大阪府泉南市幡代 [地図]
諸元等 堤高:14.9m
堤頂長:61.0m
リンク 雀の社会科見学帖・泉南農業公園調整池 見学 その1
THE SIDE WAY・泉南農業公園調整池
協力者 夜雀(雀の社会科見学帖

■ テーマページ(抄) → テーマページ目次

日本にもあったスチールダム

これは、「雀の社会科見学帖」で知られる夜雀さんによる投稿です。ユニークな形式の「泉南農業公園調整池ダム」について、設計者にインタビューするなどして、詳細に紹介しています。
 
世界最古のスチールダムはなんと1898年竣工。
アメリカはアリゾナ州にあるというアッシュ・フォークダム。
それは100年以上経っているにも関わらず現在も貯水しているといいます。

アメリカと日本では気候も風土も災害の種類も違います。アメリカで使われる物が日本でできるかというと全てがそうではありません。

スチールダムというものは文献と写真でしか見られないんだろうなと思っていた時に日本にもスチールを使ったダムがあることが分かりました。

大阪府にある「泉南農業公園調整池」。ここにコンクリートとスチールのハイブリッドダムが在ったのです。


これが泉南農業公園調整池ダムです。写真手前に見えている水面は下流溜池の背水です。
堤高が14.9mの為、ハイダムではありません。

非常に個性的な顔をしています。下流から見ると北海道のバットレス・笹流ダムのような太い扶壁を確認できます。


しかし一番の個性は上流側に見えるこの遮水板部分。アーチ型の鋼材が連続しています。
世界最古のスチールダムであるアッシュ・フォークダムとよく似ています。

素人目にはなんでこんな個性的なデザインのダムができることになったのかさっぱり分からなかったので、このダムを設計された共生機構様にインタビューに行ってきました。




 ・・・→ 全文はこちら
(平成23年2月作成)


このダム・堰について情報をお持ちの方、是非お知らせください。  まで。