[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]


水源地域の整備と活性化はどのように
(宮ヶ瀬ダム)

 このページは、神奈川県清川村の山口静夫村長の講演、「清川村の地域活性化について−宮ケ瀬ダムとともに歩んで−」(平成15年3月27日、第50回水源地問題実務講習会)を元に作成したものです。
宮ヶ瀬ダム

 宮ヶ瀬ダムは、提高156メートル、提頂長400メートルの大規模な重力式コンクリートダム。2000年に完成。洪水や渇水時に「地域に役立つ施設」としての機能に加え「人と自然、都市と地域の交流・共存」を基本理念に、清川村の自然と調和した水と緑のオープンスペースとして湖畔や湖面を提供し、重要な水源地域の活性化や振興にも寄与する「開かれたダム」となっている。


 
     [ 目  次 ] 

■多彩な施設が完成

■施設の管理は財団と組合

■財政上の効果も大きい

[関連ダム]  宮ヶ瀬ダム
(H15.5作成)
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]