[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]


黒部ダム建設の記録

 黒部ダムは、堤高186mと国内で最も堤高の高いダムであり、立山黒部アルペンルートのメインスポットとして数多くの観光客を集め、数あるダムの中で最もよく知られたダムといえよう。
 黒部ダムの建設は、戦後の電力不足解消のために計画され、北アルプスの真っ直中、秘境黒部に、当時としては世界的に見ても有数の規模の巨大アーチダムを建設したもので、多くの困難を克服して完成した画期的な大事業であった。
 ダムの建設事業は多くの工区に分けられ、各建設会社が分担して施工したが、ダム本体部分と大町トンネルのダム側部分は、株式会社間組によって施工された。以下は、ダム本体の工事を中心とした簡単な建設の記録である。
 

現在の黒部ダム(2003.5.3、撮影:安河内 孝)
 
     [ 目  次 ] 

■ダムの計画

■資機材の輸送

■建設工事(1)

■建設工事(2)

■ダムのできるまで・定点観測

[関連ダム]  黒部ダム
(平成15年9月作成、15年10月・16年6月追加)
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]