全項目表
 
ダム番号:3073
 
大仁田ダム [群馬県](おおにた)


10/09
ダム写真


062237 だい
041511 ふむふむ
060648 Dam master
060657 Dam master
  →フォト・アーカイブス [ 提供者順 / 登録日順 ]
どんなダム
 
コンクリート自動打設システムを導入
___ ダムコンクリート打設について、バッチャープラントでの混練、トランスファーカーでの運搬、タワークレーンでの打設の各自動化システムを採用。連動して、混練・運搬・打設の一連の作業を全自動化し、打設指揮者によるワンマンコントロールとするシステムを導入。
すっきりとしたデザイン
___ 小さな重力式コンクリートダムだが、直線的ですっきりとしたデザインにまとまっている。写真写りがいいようだ。
テーマページ ダム建設定点観測(大仁田ダム)
左岸所在 群馬県甘楽郡南牧村大字大仁田  [Yahoo地図] [DamMaps] [お好みダムサーチ]
位置
北緯36度08分11秒,東経138度41分08秒   (→位置データの変遷
[近くのダム]  古谷(8km)  上野(9km)

河川 利根川水系大仁田川
目的/型式 FNW/重力式コンクリート
堤高/堤頂長/堤体積 54.4m/163m/123千m3
流域面積/湛水面積 4.4km2 ( 全て直接流域 ) /3ha
総貯水容量/有効貯水容量 437千m3/283千m3
ダム事業者 群馬県
本体施工者 奥村組・錢高組・上原建設
着手/竣工 /2001
ダム湖名 大仁田湖 (おおにたこ)
ランダム情報 【コンクリートダムの工法】拡張レヤ工法
【ダム工事年表】仮排水路(1997.7〜1998.2) 本体掘削(1997.11〜1998.4) 本体打設/盛土(1998.5〜)
【ダムカード配布情報】H28.10.1現在 (国交省資料より作成、情報が古いなどの場合がありますので、事前に現地管理所などに問い合わせるのが確実です) Ver1.1
○大仁田ダム管理所 10:30〜15:30(土・日・祝日及び12/29〜1/3は配布していません)
ダムカード画像コレクション
大仁田ダム Ver.1.0 (2008.10)
[協力:安部塁]
大仁田ダム Ver.1.1 (2013.12)
内部リンク 「月刊ダム日本」2001年11月号表紙・大仁田(おおにた)ダム
リンク DAM Photographer・4連休最終日 (2)
DAM Photographer・4連休最終日 (3)
DAM Photographer・4連休最終日 (4)
Damstyle・大仁田ダム
だむ†ほりっく・大仁田ダム
ダムマニア・大仁田ダム
ダム浪漫−大仁田ダム
ちょいとダムに行ってくる・ちょいと大仁田ダムへ行ってきた。
水所探検ぐぁ!!
参考資料
■《生活貯水池施工事例》大仁田ダムの設計・施工について / 小林俊雄・牧野平二
【ダム日本 No.643(H10.5)】
■【カラーグラビア】写真で見る大仁田ダム
【ダム日本 No.685(H13.11)】
諸元等データの変遷 【06最終→07当初】着手[1990→] 湛水面積[2→3]
【08最終→09当初】堤高[54.4→54]
【09当初→09最終】堤高[54→54.4]
【12最終→13当初】本体施工者[奥村組・錢高組・上原→奥村組・錢高組・上原建設]

■ テーマページ → テーマページ目次

ダム建設定点観測(大仁田ダム)

 大仁田ダムは、群馬県甘楽郡南牧村にある堤高54.4m、堤頂長163mの重力式コンクリートダム。その建設には、拡張レヤ工法が採用された。これは、着工からコンクリート打設が終わるまでの移り変わりです。
平成9年10月

右岸の堤体基礎掘削開始
河床部より残土搬出

平成10年2月

左岸基礎掘削が完了し、大仁田川の水を左岸側の水路に切り替える。
(一次転流工

平成10年4月

堤体基礎掘削がほぼ完了し、コンクリート打設するための設備(タワークレーンバッチャープラント等)を建設中

平成10年10月

コンクリート打設も進み、大仁田川の水を堤体内仮排水路に切り替える
(二次転流工

平成11年6月

コンクリート打設も最盛期を迎える

平成11年11月

コンクリート打設も終わりに近づき、ダムの全容が見えてくる

平成12年8月

コンクリート打設も完了し、仮設備撤去、管理棟の建設など試験湛水を迎える準備が進む

平成13年5月

試験湛水の水位がサーチャージ水位に達する

平成14年5月

ダム周辺整備も完了し、ダムが完成

(平成15年11月作成)


→ ダム便覧の説明
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます。