[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]



Let's visit a historical dam 
file.10 
沈堕ダム 「100年経っても働くために」

by  『雀の社会科見学帖』 夜雀

所在地: 大分県豊後大野市大野町矢田
竣工年: 1909年
目的: 発電



大分県は豊後大野市にある名勝・沈堕の滝。ここには明治42年に造られ、今もなお働き続けている素晴らしい発電用取水堰堤があります。


 


下流から眺める沈堕の滝です。
高さは約28m、幅は約110mという名瀑です。

 


その沈堕の滝の直上流にあるのが沈堕ダムです。
水しぶきを上げる滝の上にまっすぐな水面が見えています。
堤高は5.5m、堤頂長は114.9mあります。

 


沈堕ダムの左岸下流には公園と散策路が整備されていました。
旧・沈堕発電所の遺構の上を通って沈堕ダムの近くまで行けるようになっています。

 


現在は発電所は遺構として残っています。
現役の沈堕発電所は数km下流に新しく造られており、沈堕ダムで取水された水はそこまで届けられています。

 


散策路の終点まで来るとこのような姿が見られます。
沈堕ダムは平成10年に大規模な補強工事が行われたダムです。

ここ、沈堕ダムがある付近の大野川の河床は、柱状節理、水平節理が発達した溶結凝灰岩できています。

この滝はこれまで大規模出水の度に崩壊を繰り返してきました。
沈堕の滝は大昔はずっとずっと下流にあったのです。

沈堕堰堤と発電所が作られた明治42年当時より滝はずっと上流に移動しています。

沈堕ダムを管理している九州電力は滝の崩壊によるダム決壊を防ぎ、沈堕の滝の景観を守るというプロジェクトを立ち上げました。


 


九州電力に見学を申請し沈堕ダムの横にある取水設備から見せて頂きました。
上から見るとダムと滝の近さに驚きます。



川幅いっぱいに延びるダムを超える水は、石積の表面を超える時に優しい表情に変わります。

エプロンを走る水は配置された擬岩や自然石で平坦になることなく滝に向かいます。
そして大きな擬岩で、500年前に雪舟がこの地を訪れた時に描いたという「沈堕爆図」の11条の滝が再現されました。

滝は700本にも及ぶロックボルトモルタル吹付で強固になりました。
ダムエプロンは鉄筋コンクリートでしっかりと固められました。
崩壊の基になる滝つぼ付近の基礎は根固工で守られました。

ここを訪れた人がその美しい姿に思わず足を止めて見入ってしまうような郷土の自慢になる素敵な風景ができました。

  地域の人たちに愛されるダムでありたい

  そして先人が造ったものを大切にしたい

  100年経ってもまだまだずっと

そんな気持ちがこの素敵な風景から伝わってきます。

大野川には日本一美しいといわれる白水堰堤もありますが、この沈堕ダムも素晴らしいダムとしてたくさんの方に見て頂きたい名堤体です。

[関連ダム]  沈堕ダム
(平成22年11月作成)
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (Let's visit a historical dam)
  [テ] Let's visit a historical dam file.01 三成ダム 「国内初アーチ式ダム」
  [テ] Let's visit a historical dam file.02 上麻生堰堤 「大正時代のモダーンな堰堤」
  [テ] Let's visit a historical dam file.04 千苅ダム 「42mのデンマーク・ボビン・レース」
  [テ] Let's visit a historical dam file.03 大井ダム 「発電ダムのゴッドファーザー」
  [テ] Let's visit a historical dam file.05 馬ヶ城ダム 「ダムガーデン」
  [テ] Let's visit a historical dam file.06 川上取水堰堤 「いつまでも いつまでも」
  [テ] Let's visit a historical dam file.07 長篠堰堤 「美しい、ナイアガラ式」
  [テ] Let's visit a historical dam file.08 丸山ダム 「永遠のミスター・ダム」
  [テ] Let's visit a historical dam file.09 小渕防災溜池 「ロックフィル暦、最長!」
  [テ] Let's visit a historical dam file.11 河内堰堤 「石積の美学」
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (夜雀)
 トップ写真に掲載(10 枚)
 ダム協会写真コンテスト受賞写真(4 枚)
 「このごろ」の関連記事(32 件)
 「テーマページ」の関連記事(20 件)
[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]