[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]


洪水吐き拾弐景
《第拾景》 薗原ダム
〜堤体下流面にスキージャンプ式シュートを有する洪水吐き〜

写真・解説:箱石 憲昭

昭和40年度に完成した薗原ダム。3条の管路式常用洪水吐きと4門の越流非常用洪水吐きを有している。当時は第五景で紹介した大野ダムのような堤体内にゲートハウスを設置する事例はまれであり、常用洪水吐きとしての高圧ラジアルゲートを堤体下流に設置することとし、ゲートハウスの上をスキージャンプ式シュートとしている。

シュートの標高は、ゲートハウスの容積の関係から決定されている。シュートの形状は、土木研究所における水理模型実験によって求められており、シュートから自由落下する水脈が拡がって減勢工からはみ出さないように、下流に向かって若干幅をしぼった形状となっている。

ゲートハウスは、鉄骨鉄筋コンクリート構造の3階建となっている。シュート直下の3階は開閉装置室で、3門の高圧ラジアルゲートの油圧シリンダが並ぶ広い空間となっている。2階には操作盤が置かれ、1階にゲートが据え付けられている。


(これは、「月刊ダム日本」からの転載です。)
[関連ダム]  薗原ダム
(平成29年4月作成)
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (洪水吐き拾弐景)
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第壱景》 宮ヶ瀬ダムの洪水吐き
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第弐景》 田瀬ダムの日本初高圧洪水調節用放流管
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第参景》 二瀬ダムの高圧ラジアルゲートとスキージャンプ式シュート
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第四景》 中筋川ダムの階段式洪水吐き
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第五景》 大野ダム〜堤体にクレストとコンジットがオーバーラップした洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第六景》 百谷ダムの完全自然調節のゲートレス洪水吐き
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第七景》 志津見ダムの堤頂道路兼用型
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第八景》 鳴子ダム〜薄肉アーチダム堤体下流面に沿って流下させる洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第九景》 綾北ダム〜高圧ラジアルゲートを有するアーチダム〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第拾壱景》 滝里ダム〜自由越流頂とオリフィスゲートを組み合わせた洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《最終景》 留萌ダム〜カスケード付の漸縮導流部〜
[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]