[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]


洪水吐き拾弐景
《第壱景》 宮ヶ瀬ダムの洪水吐き

解説:箱石 憲昭  写真:ダム日本編集部
 

このダムの上流面には,非常用洪水吐きとしての自由越流堤が幅広く並んでいるのが見える。下流に回るとダムの真ん中に3門だけとなる。上流の自由越流頂からの流れは,一旦天端に設置された水路に流れ込み,真ん中にまとまって堤体下流面を流れ下ることとなる。高さ156mのこのダムの両岸斜面は急勾配で,堤趾導流方式の採用は困難であり,天端側水路方式が採用されている。宮ヶ瀬ダムは,この方式が採用されている数少ないダムの一つである。

高位常用洪水吐きには,堤体内の放流管を水平に配置し,堤体下流寄りに設置された高圧スライドゲートの下流に曲管を配置して,放流水脈を強制的に堤体下流面に沿わせる整流曲管付放流管が採用されている。全面レヤー工法であるRCD工法の工程への影響をできるだけ少なくするべく土木研究所で開発された形式である。

低位常用洪水吐きには,我が国最大の設計水深115mを誇る高圧ラジアルゲートが据付けられている。

1990年代に, 「21世紀への贈りもの」として工事の最盛期を迎えていた宮ヶ瀬ダムに勤務する機会を得た。毎年開催されていたウォーク大会で,多くの方々とともに歩いたあの場所は,今は静かな湖底となっている。日々高くなっていく堤体を見上げたあの場所では,多くの方々が高位常用洪水吐きからの観光放流を見上げ,その迫力に歓声をあげている。


(これは、「月刊ダム日本」からの転載です。)
[関連ダム]  宮ヶ瀬ダム
(平成26年10月作成)
ご意見、ご感想、情報提供などがございましたら、 までお願いします。
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (洪水吐き拾弐景)
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第弐景》 田瀬ダムの日本初高圧洪水調節用放流管
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第参景》 二瀬ダムの高圧ラジアルゲートとスキージャンプ式シュート
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第四景》 中筋川ダムの階段式洪水吐き
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第五景》 大野ダム〜堤体にクレストとコンジットがオーバーラップした洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第六景》 百谷ダムの完全自然調節のゲートレス洪水吐き
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第七景》 志津見ダムの堤頂道路兼用型
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第八景》 鳴子ダム〜薄肉アーチダム堤体下流面に沿って流下させる洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第九景》 綾北ダム〜高圧ラジアルゲートを有するアーチダム〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第拾景》 薗原ダム〜堤体下流面にスキージャンプ式シュートを有する洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《第拾壱景》 滝里ダム〜自由越流頂とオリフィスゲートを組み合わせた洪水吐き〜
  [テ] 洪水吐き拾弐景《最終景》 留萌ダム〜カスケード付の漸縮導流部〜
[テーマページ目次] [ダム便覧] [Home]