《このごろ》
迫力のツインホロージェット
〜温井ダム水位低下放流〜

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
広島県の太田川水系に在る温井ダムでは、洪水期を前に4月中旬から5月下旬まで洪水調節容量を確保するために水位低下放流が行われます。その際放流が行われるのが中位標高放流設備に設けられているホロージェットバルブ2門からということで、迫力の放流を見る事が出来ます。ゴールデンウィークにこの水位低下放流を見てきました。今回とは別の日に撮影した画像も有りますのでご了承ください。



(今回とは別の日に撮影)

下流から撮影した温井ダム。画像中央に見えるのが中位標高放流設備のホロージェットバルブで、2門設けられています。



(今回とは別の日に撮影)

2門並んだホロージェットバルブです。
向かって右側のホロージェットバルブの隣に人影が見えますが、ダムの大きさを実感してもらうために設置してある人形で、名前は治水太郎といいます。ちなみにダム下流の一般開放部「思い出広場156」には、対となる利水次郎という名前の人形も立っています。



放流を見に行った当日は穏やかな絶好のお出掛け日和ということで、放流見学にはまさに打ってつけでした。



(今回とは別の日に撮影)

下流の一般開放部へはエレベーターで降りられるのですが、それに加えゴールデンウィーク中の特定日は左岸側フーチングに設けられている「しわい階段」も解放されており、チャレンジされている方もチラホラいらっしゃいました。



放流が始まる少し前、下流の一般開放部は結構な数の方々が集まってきました。対岸のダム天端少し上に見える駐車場も満車の賑わいです。



いよいよ放流開始です。ダム中位標高に設けられているため、放流開始直後の宙を舞う水流が美しいです。



放流も予定の最大流量となり、迫力のツインホロージェットに皆様目を引き付けられております。2本のジェット水流が心なしか当地の伝説に登場する龍姫さまの角に見えませんでしょうか……



減勢工付近を見ると、あまりの水しぶきに放流直前まで結構いらっしゃった方々が一斉に退避されておられました。なかには雨合羽やポンチョなど装備万全でこの水しぶきを楽しんでおられる方々も。この後、徐々に水流が絞られ放流は終了となりました。


以上、大迫力の放流を堪能しました。
次に行く機会が有れば装備を整えて下流の一般開放部で水しぶきを浴びるのも魅かれます。
5月末まで放流は行われておりますので、ぜひお出かけになってみてはいかがでしょうか。

[関連ダム] 温井ダム
(H29.5.12、ダムマイスター 01-016 Hisa)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (試験放流・点検放流・越流・・・)
  [こ] 志津見ダムの試験放流
  [こ] 試験湛水越流を見学(その1)
  [こ] 試験湛水越流を見学(その2)
  [こ] 草木ダム、クレストゲートから放流
  [こ] 湯田ダム試験放流
  [こ] 浅瀬石川ダム試験放流日程決定!!
  [こ] 浅瀬石川ダムの試験放流
  [こ] 湯田ダムクレスト放流を見に行ってきました
  [こ] 味噌川ダム点検放流見学レポート
  [こ] ダムカードで知る味噌川ダム
  [こ] 津軽ダム試験放流(前編)
  [こ] 津軽ダム試験放流(後編)
  [こ] 平成29年度浅瀬石川ダムクレストゲート試験放流日程決定
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (Hisa)
 トップ写真に掲載(4 枚)
 ダム協会写真コンテスト受賞写真(3 枚)
 「このごろ」の関連記事(8 件)
 「テーマページ」の関連記事(7 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。