《このごろ》
wDNレポート(8)〜日本列島をエネルギー列島に

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
with Dam☆Night 第2夜(10月26日)「水力発電」で、首都大学東京客員教授の竹村公太郎さんが講演。竹村さんは、長く河川行政に携わってこられ、最近では、「日本文明の謎を解く」(清流出版2003年)、「幸運な文明」(PHP研究所2007年)、「本質を見抜く力(養老孟司氏対談)」(PHP新書2008年)など、著書も多数、講演なども多く、幅広く活躍されている方だ。

この日は、「日本文明と水力発電 ーなぜ、京都で誕生したかー」と題し、「江戸のオイルピーク」、「封建から中央集権へ ー封建を破った鉄道ー」といった歴史的考察に始まり、「石油の20世紀の限界」、「日本に残されたエネルギーは?」・・・・と続く。いつもながらの視野の広いお話と、歯切れのいい発言、だんだんと引き込まれていってしまった。


講演風景

以下に、当日使用された資料を使わせて頂いて、記憶を頼りにその一部を紹介する。多分につまみ食い的で、不正確である点はご容赦頂きたい。

20世紀は、エネルギー源として石油を使うことによって発展してきた。しかし、石油を使い続けることには、明らかに限界が見え始めている。巨大油田の発見は、もうだいぶ前にピークを過ぎて、今やほとんどなくなっている。石油の供給量は、近い将来確実に減少する。需要量はこれからも増加するから、結局、石油価格の暴騰が起こる。価格が上がれば、石油があったとしても実際は使えなくなる。



水力は、日本に残されたエネルギーだ。水循環うまく利用することによって、エネルギーを生み出すことが、まだまだ可能だ。既存ダムを嵩上げすれば、その効果は大きい。同じ10mでも、上部の10mは、下部に比べて遙かに大きな貯水容量の増加をもたらす。夕張シューパロダムは、堤高67.5mから110.6mへ、37mの嵩上げだが、これで貯水容量は、87百万m3から427百万m3へ、ほぼ5倍になる。


嵩上げの効果を織り込んで、2100年の水力発電量予測を行った研究成果がある。2100年時点で、年間約1900億kwhの水力発電が可能だ。この時点の需要を、現状の1人当たり使用量20%増しとして推定し、供給量を、原子力は20%増し、再生エネルギーは5倍として推定すると、残りは約1900億kwhの水力発電で需給がバランスする。水循環をうまく利用し、日本列島をエネルギー列島に転換することが可能だ。



(H22.11.26、Jny)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (with Dam☆Night)
  [こ] “with Dam☆Night”
  [こ] wDNレポート(1)〜いよいよスタート
  [こ] wDNレポート(2)〜ダムエンジニア3大悲劇
  [こ] wDNレポート(3)〜100年たっても働く為に・沈堕ダム
  [こ] wDNレポート(4)〜水力の優れた特性
  [こ] wDNレポート(5)〜ともかく図がきれい・発電用水車の構造
  [こ] wDNレポート(6)〜只見ダムに世界最大容量のバルブ水車
  [こ] wDNレポート(7)〜生きて・荒瀬ダム
  [こ] wDNレポート(9)〜今、迫り来る大災害の危機
  [こ] “with Dam ☆Night”備忘録
  [こ] 今年も“ with Dam☆Night−ダムの底力−”を開催
  [こ] 関西でも「with Dam☆Night」
  [こ] wDN2011レポート(1)〜「思い」の「カケラ」を見つけよう
  [こ] wDN2011レポート(2)〜私には夢がある
  [こ] wDN2011レポート(3)〜全体の様子を概観
  [こ] 関西でもwDN…凄すぎるポスター…
  [こ] wDN2011レポート(4)〜ダムのデザインはダム愛好家に相談を!
  [こ] 関西でもwDN…凄すぎるポスター続編…
  [こ] 関西でもwDN…凄すぎるポスター完結編…
  [こ] 6月3日に京都駅で「with Dam ★ Night in Kyoto」
  [こ] with Dam Night in Kyoto プログラム
  [こ] wDN Kyoto に行ってきた
  [テ] 『with Dam ★Night in kyoto』開催される
  [こ] 今年も6月に with Dam☆Night がある
  [こ] 「with Dam☆Night 2013」に行ってきた
  [こ] Dams, Be AMBITIOUS !−with DAM☆NIGHT 2014−
  [こ] with DAM☆NIGHT 2014 のチラシ
  [こ] with DAM☆NIGHT 2014 があった
  [こ] メールインタビュー「wD☆N〜過去・現在・未来」
  [こ] 9月11日に「WITH DAM☆NIGHT IN OSAKA」
  [こ] 「WITH DAM NGIHT☆IN OSAKA」開催される
  [こ] 「with Dam☆Night」が九州でも
  [こ] ダム技術者も積極かつ丁寧にダムの必要性をアピールしていくべきだ
  [こ] 6月26日に“with Dam☆Night 2015”
  [こ] with Dam☆Night 2015 「世界のダム」が開催された
  [こ] with Dam☆Night2016 「カンパイ! 傍楽(はたらく)ダム」− 北海道からダムLOVEの嵐が襲来 −
  [こ] with DAM☆NIGHT in KOBE 開催速報
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。