《このごろ》
ダム随想 〜 ダムの高さ

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
 ダムの高さなど,難しいことを言わなくても自明のことだと思うだろう。ところが実はなかなかに難しい。天端の標高は分かっているのだから,基礎の一番低い所の標高をそれから引けば高さになるはずだ。基本的にはそれでよいが,ダム敷の中で一番低い所であればどこでもいいかというと,そうではなくて,ダムの機能という点に着目して,止水線上で一番低い所と定義されている。止水線というのは,簡単に言えばカーテングラウチングの軸線だ。だから,コンクリートダムの中央部や堤趾部に低い所があっても,その値は採用しない。趾などという漢字はほとんど見かけることはないが,ほぼ直角三角形に近い重力ダムの断面を足の断面に見立てて,その爪先という意味だ。

 これでもう疑義は生じないかというと,なかなかそうは行かなくて,カットオフがある場合はどうするのだという話が出てくる。カットオフというのはこのごろはあまり採用されないが,止水線付近の堤敷をある幅で掘り込んで,止水に万全を期そうというものである。その幅が広ければ,カットオフの底部を基礎掘削線と考えればよいが,幅が数mという薄いものの場合,グラウトカーテンとどこが違うのだという疑問が生じる。

 こんなものは約束事だから,エイヤッということで,幅(カットオフの上下流方向の長さ)が10m以上ある場合は,その底部とするということにしている。カットオフは下すぼまりになっていることが多いから,上の方は10m以上あるが,底では数mになっていることもある。その場合は,カットオフの幅が10mになる所の標高をとるということにしている。


堤高日本一の黒四ダム(撮影:NAUTIS)

 これでコンクリートダムの場合はおおむね疑義が生じないはずであるが,フィルダムの場合はどうなるか。フィルダムの天端は設計余盛りや施工余盛りがあって,水平ではないし,土質遮水壁の場合はコアの上に保護層などというものが置かれるので,どこを天端としていいかが分からない。まあ,これも決めればいいことだから,計画上の非越流部高さを天端高とすることにしている。

 遮水層の底部の岩盤を掘り込んで,通廊が設けられ,そこからカーテングラウチングが行われることが多いが,その場合,止水線の最低部は通廊の基礎ということになる。しかし,これはダムの形式の定義上,遮水層の最低部ということに決めている。

 そんなこと何をごちゃごちゃ言う必要があるかということになるが,たとえばどっちのダムのほうが高いかなどというときに,大いに問題になるのである。まあそんなことは本質的なことではないといえばそのとおりであるが,決めておけばいいことは,決めておくほうが何かといいのである。そのほかにも,河川管理施設等構造令などの政令を適用しなければならないかどうかを判断する場合も,高さ15mというのが基準となっていて,いささか怪しげな設計というのがいいすぎであれば,斬新な設計をする場合に,構造令の適用を逃れるために,高さを14.5m程度に抑えたりすることもある。

 ダムの高さという単純と思えることでも,詳しく見ていくと,いろいろと話題になることがあるものである。

(これは、「月刊ダム日本」に掲載された記事の転載です。)

(H21.9.11、中村靖治)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (ダム随想)
  [こ] ダム随想 〜 水利権
  [こ] ダム随想 〜 ダム建設の凍結
  [こ] ダム随想 〜 貯水池の水位
  [こ] ダム随想 〜 ダムの用地買収の範囲
  [こ] ダム随想 〜 アーチダムの設計−傾斜アーチ−
  [こ] ダム随想 〜 ダムの管理所
  [こ] ダム随想 〜 ダムなしの治水
  [こ] ダム随想 〜 ダムから始めた改修計画
  [こ] ダム随想 〜 コンジット(常用洪水吐き)と排砂門
  [こ] ダム随想 〜 幌内ダム
  [こ] ダム随想 〜 工事現場の説明板
  [こ] ダム随想 〜 有識者会議中間とりまとめ
  [こ] ダム随想 〜 南の島で八ッ場ダム
  [こ] ダム随想 〜 河川技術者としての自省
  [こ] ダム随想 〜 わからない言葉
  [こ] ダム随想 〜 流域平均雨量
  [こ] ダム随想 〜 地震とダム
  [こ] ダム随想 〜 水力発電
  [こ] ダム随想 〜 太陽光促進付加金
  [こ] ダム随想 〜 北の国から
  [こ] ダム随想 〜 帯広は太陽光発電適地か
  [こ] ダム随想 〜 韓国ダム見学会
  [こ] ダム随想 〜 宮古島の地下ダム
  [こ] ダム随想 〜 水資源開発と八ッ場ダム (前編)
  [こ] ダム随想 〜 水資源開発と八ッ場ダム (後編)
  [こ] ダム随想 〜 北朝鮮のダム
  [こ] ダム随想 〜 堤趾導流壁の法線
  [こ] ダム随想 〜 貯留施設の必要性
  [こ] ダム随想 〜 ダムの用語
  [こ] ダム随想 〜 宮ヶ瀬ダムと導水路
  [こ] ダム随想 〜 ダムと地質
  [こ] ダム随想 〜 ダムの型式選定
  [こ] ダム随想 〜 ルジオン値と透水係数
  [こ] ダム随想 〜 ニンジンとルジオン
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (中村 靖治)
 「このごろ」の関連記事(40 件)
 「テーマページ」の関連記事(4 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。