《このごろ》
ダム随想 〜 ダムの管理所

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
 別の雑誌に書評を書いたのだが、「だむかん」という小説がある。ダム屋ならすぐにそうではなかろうかと思うように、ダム管―ダム管理所のことである。表紙のカバーに洪水吐きの写真があるし、そうに違いないと思って、はじめのほうを読んでみると~、川の中洲でキャンプをしていて、ダム放流で押し流されて、家族や友人を失った生き残り二人のうちの一人で、もう一人は訴訟を起こしているが、私は自分の責任だと思っているという書き出しだ。

 最近はダムの悪口をいうのが普通なのに、めずらしいことだと思って、これはノンフィクションなのか、評論なのかと思いながら読み進めたら、昨年、第25回太宰治賞をもらった小説だった。事故そのものはテレビでも実況放送された99年の神奈川県の玄倉川の事故にヒントを得ているようだが、あちらは貯水容量のほとんどない取水堰のようなものであったのに対し、こちらは高さ150メートルのアーチダムと立派なものになっている。

 しかし、話はこの事故のことではなく、タイトルどおりダム管理所のことだ。ダム管理は地味な仕事だ。勤務地もたいていは辺りに何もない山の中だ。雨さえ降らなければ、ダム本体や機器の点検をしたり各種の測定値の整理をしたりしていればよい。ならば、必要なときだけ出かけていけばいいという話にもなるが、突発的な事態に備えるためには最小限の人間は配置しておく必要がある。ダムは使ってこそ意義があり、その中から計画のあり方や設計の問題点など、いくらでも考えることはあるのだが、考えるつもりがなければ、こんな退屈な仕事もない。

 昨年のダムナイト3で、ウェブサイト「雀の社会科見学帖」の管理人夜雀さんが、09年10月の18号台風時の名張川の洪水調節の状況を動画にして見せてくれて、そのあまりの迫力につい涙ぐんだほどだったが、頭の中は別として、実際にはこれほどの迫力のある状況にはならない。管理所にいる人間が、俺はボタン押し屋にしか過ぎないと自嘲しながら漫画を読んでいるシーンがこの小説の中にあるが、やや誇張があるものの、こういう人も少なくないと思う。


Photo:夜雀

 この夜雀さんの動画はダム協会のホームページ「ダム便覧」の「このごろ」の欄を見ると見つけ出せるので(動画+「ハイドログラフで泣いてくれ」)、ご覧になっていない方は、ぜひ見てほしいと思う。公開時の音声がつけられていないのがやや残念であるが、その代わり夜雀さん自身による「ハイドログラフで泣いてくれ」というすばらしい解説が付いているので、これは専門家を自任する人にも読んでもらいたいと思う。ハイドログラフをこれほど分かりやすく解説したものは、専門書にもあまりないと思う。

 この名張川の洪水調節は結果として大変成功したわけだが、実は、このような操作を常に期待することには大きな危険が伴う。貯水池がいっぱいになったときに、予期しない次の出水があった場合、完全にお手上げになってしまい、場合によっては被害を大きくしてしまうことがあるからだ。予報技術が進んできたので、かなりの程度危険は避けられると思うが、神様運転は極力避け、できることならいくつかのパターンを作っておき、それに則って操作することがのぞましい。

(これは、「月刊ダム日本」に掲載された記事の転載です。)

(H22.4.16、中村靖治)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (ダム随想)
  [こ] ダム随想 〜 ダムの高さ
  [こ] ダム随想 〜 水利権
  [こ] ダム随想 〜 ダム建設の凍結
  [こ] ダム随想 〜 貯水池の水位
  [こ] ダム随想 〜 ダムの用地買収の範囲
  [こ] ダム随想 〜 アーチダムの設計−傾斜アーチ−
  [こ] ダム随想 〜 ダムなしの治水
  [こ] ダム随想 〜 ダムから始めた改修計画
  [こ] ダム随想 〜 コンジット(常用洪水吐き)と排砂門
  [こ] ダム随想 〜 幌内ダム
  [こ] ダム随想 〜 工事現場の説明板
  [こ] ダム随想 〜 有識者会議中間とりまとめ
  [こ] ダム随想 〜 南の島で八ッ場ダム
  [こ] ダム随想 〜 河川技術者としての自省
  [こ] ダム随想 〜 わからない言葉
  [こ] ダム随想 〜 流域平均雨量
  [こ] ダム随想 〜 地震とダム
  [こ] ダム随想 〜 水力発電
  [こ] ダム随想 〜 太陽光促進付加金
  [こ] ダム随想 〜 北の国から
  [こ] ダム随想 〜 帯広は太陽光発電適地か
  [こ] ダム随想 〜 韓国ダム見学会
  [こ] ダム随想 〜 宮古島の地下ダム
  [こ] ダム随想 〜 水資源開発と八ッ場ダム (前編)
  [こ] ダム随想 〜 水資源開発と八ッ場ダム (後編)
  [こ] ダム随想 〜 北朝鮮のダム
  [こ] ダム随想 〜 堤趾導流壁の法線
  [こ] ダム随想 〜 貯留施設の必要性
  [こ] ダム随想 〜 ダムの用語
  [こ] ダム随想 〜 宮ヶ瀬ダムと導水路
  [こ] ダム随想 〜 ダムと地質
  [こ] ダム随想 〜 ダムの型式選定
  [こ] ダム随想 〜 ルジオン値と透水係数
  [こ] ダム随想 〜 ニンジンとルジオン
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (中村 靖治)
 「このごろ」の関連記事(40 件)
 「テーマページ」の関連記事(4 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。