《このごろ》
ダム随想 〜 有識者会議中間とりまとめ

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
 「今後の治水対策のあり方についての有識者会議」の中間とりまとめが9月27日に発表された。昨年12月に第1回の会議が開催されてから、12回にわたる会議がもたれての報告であるが、非常に良識的な内容であることにまず安心した。

 何より与えられたテーマが「できるだけダムにたよらない治水」という、はじめから偏ったものだから、ダム屋としては心中穏やかではなかった。河川に関する有識者だから、今後はダムを造らないようにするなどという、とんでもない結論は出るべくもないとは思っていたが、他の委員会の例など見ると、必ずしも楽観視はできないと思っていた。

 しかし、結果は長年ダム計画にかかわってきたものの目から見ても違和感がなく、むしろ、こういうことを取り入れることはできないだろうかと考えていたようなところまで、整理して取り込まれている印象を受けた。


 この「中間とりまとめ」は意見募集後の修正案で73ページにもなるものであるが、中心は個別ダムの検証方法となっている。ここで検証の対象となっているダムは、特定多目的ダム法に基づく、あるいはそれに準じた手続きを経て事業化されているものであるから、どのダムも基本的にはこの検証をクリアできるものであるはずである。

 「できるだけダムにたよらない」という限定が付いているから、当然代替案に重点が置かれることになるが、もともとダムを採択するには様々な代替案を検討したうえ、最適なものとしてダムを選定している。最終的な基本計画や全体計画に記載されていなくても、その過程抜きにダムを採択することなどありえないといっていい。

 ただ、時代や社会情勢の変化により、新しい代替案を考えうるようになっていたり、評価基準が変わっているものもあろう。そういった部分を積極的に取り入れ、見直しを行えばよい。従来、専門家の目で診れば検討するまでもないとしていた案についても、できるだけ数値化して示す必要も出てこよう。

 代替案の比較において、従来ともすればコストのみの比較に陥りがちだったものを、この「中間とりまとめ」では6項目にわたる「評価軸」を持ち出して、総合的判断を行おうとしていることは賞賛に値する。この評価軸については現在のところ数量化できないものも含まれており、実際の運用に当たってどのように適用するかの方法論については、今後の評価作業の中で詰めていくことになろう。

 この「中間とりまとめ」に関するジャーナリズムの反応はどうか。報告書などまったく読まないで書いているのではないかと思われる典型的な記事が9月28日の一般紙のM新聞東京朝刊で、「治水対策:脱ダム、立案開始へ 事業検証手順を決定」という見出しのもとに、「コスト最重視でダム事業と比較する」などと書いてある。

 こういうデマに近い記事が平気で横行し、それが世間の常識になり、マニフェストになったり、事業仕分けの根拠になったりして、世の中を混乱させるのは許せない。新聞記事など報道の評価基準がほしいものである。

(これは、「月刊ダム日本」に掲載された記事の転載です。)

(H22.11.12、中村靖治)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (ダム随想)
  [こ] ダム随想 〜 ダムの高さ
  [こ] ダム随想 〜 水利権
  [こ] ダム随想 〜 ダム建設の凍結
  [こ] ダム随想 〜 貯水池の水位
  [こ] ダム随想 〜 ダムの用地買収の範囲
  [こ] ダム随想 〜 アーチダムの設計−傾斜アーチ−
  [こ] ダム随想 〜 ダムの管理所
  [こ] ダム随想 〜 ダムなしの治水
  [こ] ダム随想 〜 ダムから始めた改修計画
  [こ] ダム随想 〜 コンジット(常用洪水吐き)と排砂門
  [こ] ダム随想 〜 幌内ダム
  [こ] ダム随想 〜 工事現場の説明板
  [こ] ダム随想 〜 南の島で八ッ場ダム
  [こ] ダム随想 〜 河川技術者としての自省
  [こ] ダム随想 〜 わからない言葉
  [こ] ダム随想 〜 流域平均雨量
  [こ] ダム随想 〜 地震とダム
  [こ] ダム随想 〜 水力発電
  [こ] ダム随想 〜 太陽光促進付加金
  [こ] ダム随想 〜 北の国から
  [こ] ダム随想 〜 帯広は太陽光発電適地か
  [こ] ダム随想 〜 韓国ダム見学会
  [こ] ダム随想 〜 宮古島の地下ダム
  [こ] ダム随想 〜 水資源開発と八ッ場ダム (前編)
  [こ] ダム随想 〜 水資源開発と八ッ場ダム (後編)
  [こ] ダム随想 〜 北朝鮮のダム
  [こ] ダム随想 〜 堤趾導流壁の法線
  [こ] ダム随想 〜 貯留施設の必要性
  [こ] ダム随想 〜 ダムの用語
  [こ] ダム随想 〜 宮ヶ瀬ダムと導水路
  [こ] ダム随想 〜 ダムと地質
  [こ] ダム随想 〜 ダムの型式選定
  [こ] ダム随想 〜 ルジオン値と透水係数
  [こ] ダム随想 〜 ニンジンとルジオン
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (中村 靖治)
 「このごろ」の関連記事(40 件)
 「テーマページ」の関連記事(4 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。