《このごろ》
ダムをうたう(27) -こころ休まらず-

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
  ダムに明けダムに暮れたる歳月はこころ休まることもなかりき 檜山貴久枝

 この歌は、奥津町編・発行『ふるさと 苫田ダム記念誌写真集』に収められている。苫田ダムは、吉井川上流の岡山県鏡野町久田下原の地に52年を経て完成した。ダムの関係者の一人である作者は、半世紀の間、ダムのことからひとときも離れずに、「こころ休まることもなかりき」と、その心情をつぶやくように詠んでいる。

 苫田ダムは、堤高28.5m、堤頂長225m、堤体積30万m3、総貯水容量7810万m3、有効貯水容量7810万m3、型式は重力式コンクリートダムである。
 移転家屋が504戸、土地取得面積が330haにものぼり、多くの方々がふるさとを離れざるを得なかった。ダム反対闘争は激しく、38年間の長きにわたって続いた。昭和28年の調査開始から漸く平成17年に完成した。


 平成23年12月4日、私は初めて苫田ダムを訪れた。JR岡山駅から津山線にて終点津山駅で降り、国道179号線を吉井川沿いに上っていくと、水没移転者の新しい家屋が見えてきた。ほどなく苫田ダムの鞍部ダムに達し、苫田ダムの湖面に出合う。湖岸道路沿いに入ると、浮島が浮かんでいた。そこを過ぎ、広場に団結の碑があった。ダム湖を一周してみると、苫田ダムはどこから眺めても威圧感がないし、道路の凸凹もないし、荒廃地も見えてこない。橋と道路と湖面が一体のような不思議なダムの風景がそこにあった。目線を極端に見上げることもなく、見下げることもないダム空間だった。


 同書には、さらに、この作者による三つの歌が掲載されている。

  一等田地と言われし田さえ荒れゆきて淋しさまさる渓の歳どし
  立ち退きし人らと寺に出合いして去るも残るも身を案じ合う
  農を捨て家を焼き捨てふる里をい出ゆく人と残る吾らと

[関連ダム] 苫田ダム
(2011.12.14、古賀邦雄)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (ダムをうたう)
  [こ] ダムをうたう(1) -ダムの底-
  [こ] ダムをうたう(2) -雪に眠る-
  [こ] ダムをうたう(3) -ダム湖に浮かぶ湖上駅-
  [こ] ダムをうたう(4) -湖底の村-
  [こ] ダムをうたう(5) -慰霊碑-
  [こ] ダムをうたう(6) -東京沙漠-
  [こ] ダムをうたう(7) -感謝をこめて-
  [こ] ダムをうたう(8) -水源祭-
  [こ] ダムをうたう(9) -静寂な湖面-
  [こ] ダムをうたう(10) -戻れない故郷-
  [こ] ダムをうたう(11) -補償交渉の精神-
  [こ] ダムをうたう(12) -小春かな-
  [こ] ダムをうたう(13) -春の光をあびて-
  [こ] ダムをうたう(14) -未来を信じて-
  [こ] ダムをうたう(15) -ああ黒部川 第四発電所-
  [こ] ダムをうたう(16) -感謝の水・愛知用水-
  [こ] ダムをうたう(17) -故郷への回帰-
  [こ] ダムをうたう(18) -ダム竣工を祝う-
  [こ] ダムをうたう(19) -渡鳥さえ巣は恋し-
  [こ] ダムをうたう(20) -県を分かつ-
  [こ] ダムをうたう(21) -補償妥結の寂しさ-
  [こ] ダムをうたう(22) -大井川上流へ-
  [こ] ダムをうたう(23) -鳥たちの安らぎ-
  [こ] ダムをうたう(24) -風薫るダム-
  [こ] ダムをうたう(25) -大斜面を仰ぐ-
  [こ] ダムをうたう(26) -ふるさとが映る-
  [こ] ダムをうたう(28) -さくら吹雪-
  [こ] ダムをうたう(29) -大鶴湖と鳴く蝉-
  [こ] ダムをうたう(30) -水を巧みに捌く-
  [こ] ダムをうたう(31) -渡る老鶯-
  [こ] ダムをうたう(32) -オスプレイ-
  [こ] ダムをうたう(33) -下久保ダム-
  [こ] ダムをうたう(34) -耕す-
  [こ] ダムをうたう(35) -奈良俣ダム-
  [こ] ダムをうたう(36) -ダム灼くる-
  [こ] ダムをうたう(37) -四季の風光-
  [こ] ダムをうたう(38) -鏡ダム-
  [こ] ダムをうたう(39) -新区画ダム-
  [こ] ダムをうたう(40) -滝沢ダム-
  [こ] ダムをうたう(41) -奥利根水源憲章の歌-
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (古賀 邦雄)
 「このごろ」の関連記事(53 件)
 「テーマページ」の関連記事(159 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。