《このごろ》
ダムをうたう(28) -さくら吹雪-

→ 「このごろ」一覧   → 「このごろ」目次
 
  邑消えて桜吹雪が池に散る  川端定三郎
 
 この句は、川端定三郎著『岡山のダム』(日本文教出版・平成6年)に収められている。
 邑(むら)は、岡山県久米郡鶴田村(現・岡山市北区建部町)のことで、池は旭川ダムをさしている。旭川ダム(旭川第一ダム)は、旭川中流部、児島湾河口から約40kmの岡山市北区建部町に位置する。旭川ダムは、昭和26年に着手し、昭和29年に完成した。その諸元は、堤高45m、堤頂長212.0m、堤体積14.6万m3、総貯水容量5738.2万m3、型式は重力式コンクリートダムである。完成までには紆余曲折であった。


旭川ダム

 旭川ダムの計画は、大正10年頃から発電を供給する河水統制事業から始まった。昭和9年9月の室戸台風の水害をうけて、計画が変更され、治水、利水の目的でもって、岡山県が着手したものの、世界第二次大戦による物資不足から、中止となってしまった。
 戦後、電気需要の増大に伴い、旭川総合開発が立案され、治水、灌漑用水、水道用水、発電を目的とした、多目的ダムとして築造された。特に発電は、旭川ダム下流に、同時に竣工した旭川第二ダムとあいまって、行っており、岡山県の電力エネルギー源となっている。


旭川第二ダム

 旭川ダムの建設によって、443にも及ぶ水没世帯は村を去って行った。今ではダムサイトの直下流は公園が整備され、桜も植樹されて憩いの場になっている。春ともなれば、桜吹雪に風情を感じる人は多いだろう。だが、故郷を離れていった人は、ダム湖に散る花吹雪に哀しさを覚えるのであろう。

[関連ダム] 旭川ダム
(2012.2.15、古賀邦雄)
【 関連する 「このごろ」「テーマページ」】

 (ダムをうたう)
  [こ] ダムをうたう(1) -ダムの底-
  [こ] ダムをうたう(2) -雪に眠る-
  [こ] ダムをうたう(3) -ダム湖に浮かぶ湖上駅-
  [こ] ダムをうたう(4) -湖底の村-
  [こ] ダムをうたう(5) -慰霊碑-
  [こ] ダムをうたう(6) -東京沙漠-
  [こ] ダムをうたう(7) -感謝をこめて-
  [こ] ダムをうたう(8) -水源祭-
  [こ] ダムをうたう(9) -静寂な湖面-
  [こ] ダムをうたう(10) -戻れない故郷-
  [こ] ダムをうたう(11) -補償交渉の精神-
  [こ] ダムをうたう(12) -小春かな-
  [こ] ダムをうたう(13) -春の光をあびて-
  [こ] ダムをうたう(14) -未来を信じて-
  [こ] ダムをうたう(15) -ああ黒部川 第四発電所-
  [こ] ダムをうたう(16) -感謝の水・愛知用水-
  [こ] ダムをうたう(17) -故郷への回帰-
  [こ] ダムをうたう(18) -ダム竣工を祝う-
  [こ] ダムをうたう(19) -渡鳥さえ巣は恋し-
  [こ] ダムをうたう(20) -県を分かつ-
  [こ] ダムをうたう(21) -補償妥結の寂しさ-
  [こ] ダムをうたう(22) -大井川上流へ-
  [こ] ダムをうたう(23) -鳥たちの安らぎ-
  [こ] ダムをうたう(24) -風薫るダム-
  [こ] ダムをうたう(25) -大斜面を仰ぐ-
  [こ] ダムをうたう(26) -ふるさとが映る-
  [こ] ダムをうたう(27) -こころ休まらず-
  [こ] ダムをうたう(29) -大鶴湖と鳴く蝉-
  [こ] ダムをうたう(30) -水を巧みに捌く-
  [こ] ダムをうたう(31) -渡る老鶯-
  [こ] ダムをうたう(32) -オスプレイ-
  [こ] ダムをうたう(33) -下久保ダム-
  [こ] ダムをうたう(34) -耕す-
  [こ] ダムをうたう(35) -奈良俣ダム-
  [こ] ダムをうたう(36) -ダム灼くる-
  [こ] ダムをうたう(37) -四季の風光-
  [こ] ダムをうたう(38) -鏡ダム-
  [こ] ダムをうたう(39) -新区画ダム-
  [こ] ダムをうたう(40) -滝沢ダム-
  [こ] ダムをうたう(41) -奥利根水源憲章の歌-
  [こ] ダムをうたう(42) -下筌ダム-
【 関連する ダムマイスター の情報】

 (古賀 邦雄)
 「このごろ」の関連記事(55 件)
 「テーマページ」の関連記事(159 件)
ご意見、ご感想などがございましたら、 までお願いします。