過去のトップ写真一覧


※トップ写真を募集しています。応募は 募集要領から。

1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94]
山田英明 『保利沢川ダム』

ダム名:保利沢川ダム(山梨県)
撮影日:2018年8月19日

コメント:
現地に行くのは2回目ですが登山道は前回より荒れていました。



(関連ダム:  保利沢川ダム
2018.9.14 掲載





H.Kawata 『真夏の若宮谷』

ダム名:若宮谷ダム(徳島県)
撮影日:2018年8月14日

コメント:
山間にひっそりと佇む古いダムが魅力的すぎる!



(関連ダム:  若宮谷ダム
2018.9.12 掲載





ダムおさる 『只見から田子倉へ』

ダム名:田子倉ダム(福島県)
撮影日:2018年8月22日

コメント:
夏らしい空の下、自分が何度か訪れた中では珍しく只見ダムから見た田子倉ダムの姿がはっきりと見えました。



(関連ダム:  田子倉ダム
2018.9.10 掲載





山田英明 『仙人谷ダム』

ダム名:仙人谷ダム(富山県)
撮影日:2018年8月11日

コメント:
水平歩道が仮開通したの行ってきました。雲切新道方向からの撮影です。



(関連ダム:  仙人谷ダム
2018.9.6 掲載





mooh 『ナイスショット!』

ダム名:栗山ダム(北海道)
撮影日:2018年5月4日

コメント:
ささやかに放流する中、提体下流のパークゴルフ場では歓声が上がっていました。



(関連ダム:  栗山ダム
2018.8.24 掲載





子持ち・アッカーマン 『現役最古のラジアルゲート』

ダム名:旭ダム(福島県)
撮影日:2018年7月29日

コメント:
ゲートを支える四角錐の支柱が貫禄の旭ダムです。諸説あるようですが、現役最古のラジアルゲートとか。昭和電工さんという民間企業管理のダムというあたりも珍しいダムでした。



(関連ダム:  旭ダム
2018.8.21 掲載





じむにん 『用水補給中』

ダム名:内の倉ダム(新潟県)
撮影日:2018年7月25日

コメント:
この夏、少雨傾向の新潟県。維持用水と農業用水を2か所のバルブから放流中でした。



(関連ダム:  内の倉ダム
2018.8.15 掲載





山田英明 『満月の夜』

ダム名:月山ダム(山形県)
撮影日:2018年7月28日

コメント:
満月ライトアップにいきました。



(関連ダム:  月山ダム
2018.8.13 掲載





とらお 『深山ダム見学会』

ダム名:深山ダム(栃木県)
撮影日:2018年7月24日

コメント:
深山ダム見学会に参加しました。



(関連ダム:  深山ダム
2018.8.10 掲載





kazu_ma 『足すくむ?見学会』

ダム名:梵字川ダム(山形県)
撮影日:2018年7月22日

コメント:
月山ダムの集いの一環として、月山ダムの下流にある梵字川ダムの見学会がありました。一般の方の見学会は今回が初めてとのことです。吊り橋から見下ろす堤体の迫力にみなさん圧倒されていました。吊り橋は落下防止対策が施され、小さな子でも楽しめる見学会になっていました。(通常立入禁止場所ですが、イベントのため立入が許可されています。)



(関連ダム:  梵字川ダム
2018.8.6 掲載





原将 『鳳凰の怒りと虹』

ダム名:天ヶ瀬ダム(京都府)
撮影日:2018年7月15日

コメント:
この写真は、記録的大雨の過ぎた後の天ヶ瀬ダムを撮りました。「鳳凰湖」と呼ばれるこのダム湖にかけて、鳳凰が怒っているようにも見え、でも虹をつくり出している天ヶ瀬ダムはかっこ良く見えました。



(関連ダム:  天ヶ瀬ダム
2018.8.2 掲載





酒井 誠 『威厳』

ダム名:宮川ダム(三重県)
撮影日:2018年7月23日

コメント:
今回は青空のもと、今年6月に新しくなったクレストゲート、数年前交換されたもの、60年以上前の竣工時のゲートが、色の違いもはっきりと見ることができました。色の変化を見る時、この地で風雪に耐えてきた力強さと、今も守り続けている職員たちの苦労を感じることができます。



(関連ダム:  宮川ダム
2018.7.31 掲載





原将 『普段は見せない顔』

ダム名:長篠堰堤(愛知県)
撮影日:2018年7月7日

コメント:
この写真は雨がとても降ったりやんだりをしていた日に撮った写真です。普段ならほとんど越えていないのに、この日はすごい勢いで越えていました。



(関連ダム:  長篠堰堤
2018.7.27 掲載





赤の乗り手 『夏空と畑薙第一のクレスト放流』

ダム名:畑薙第一ダム(静岡県)
撮影日:2018年7月8日

コメント:
朝一で「吐いている」という噂をゲットして駆けつけ、間に合いました!しかもいい天気で最高でした!



(関連ダム:  畑薙第一ダム
2018.7.24 掲載





夜鷹 『利根川源流から』

ダム名:三国川ダム(新潟県)
撮影日:2018年7月1日

コメント:
関東の梅雨があけたのとのことなので、利根川水源の様子を見に行きました。三国川ダムを見下ろすことができました。



(関連ダム:  三国川ダム
2018.7.20 掲載





田中創 『ふたつでひとつ』

ダム名:上野ダム(群馬県)
撮影日:2018年6月14日

コメント:
こうして見ると、尾根の左側の主ダムと右側の脇ダムをつないで、ひとつのダムとしているのが、よく分かります。



(関連ダム:  上野ダム
2018.7.11 掲載





夜鷹 『点検放流』

ダム名:釜房ダム(宮城県)
撮影日:2018年6月23日

コメント:
4回の放流がありましたが、1回目は堤体付近から、2回目は左岸道路から、3回目の間に山に登り、4回目は反射板からの眺めを楽しみました。



(関連ダム:  釜房ダム
2018.7.4 掲載





子持ち・アッカーマン 『新緑の大洞ダム』

ダム名:大洞ダム(埼玉県)
撮影日:2018年6月3日

コメント:
河川維持の為でしょうか。新緑に包まれた大洞ダムが放流していました。ゲートの中の放流口から放流できる凝った造りになっていました。



(関連ダム:  大洞ダム
2018.6.29 掲載





夜鷹 『ライトアップ』

ダム名:摺上川ダム(福島県)
撮影日:2018年6月2日

コメント:
摺上川ダムのライトアップの色が変わるペースは思いの外早く、目を楽しませてくれましたが、その良さを写真には納めきれませんでした。



(関連ダム:  摺上川ダム
2018.6.29 掲載





夜鷹 『蔵王山麓を潤す』

ダム名:生居川ダム(山形県)
撮影日:2018年6月2日

コメント:
蔵王山頂からかみのやま方面を眺めると麓にダムが見えました。



(関連ダム:  生居川ダム
2018.6.18 掲載


1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94]