過去のトップ写真一覧


※トップ写真を募集しています。応募は 募集要領から。

1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99]
Rico 『憧れのバットレスダムへ』

ダム名:丸沼ダム(群馬県)
撮影日:2019年10月6日

コメント:
木々がほんの少し色づき始めたサプライズ付きの念願の丸沼ダムをやっと愛でる事ができました。トム・ソーヤ号からの眺めは…ただただ見いってしまうほどの静寂かつ不思議な空間でした。



(関連ダム:  丸沼ダム
2019.10.24 掲載





四国三郎 『美白のダム』

ダム名:平岡ダム(長野県)
撮影日:2019年10月5日

コメント:
泰阜(やすおか)もそうだが、ここ平岡もそうだ。年月を重ねるごとに白くなっていく。不思議だ。「色白は七難隠す」というが、まさにその通りである。その裏では大変な苦労があるようです。がんばれ中部電力マン。



(関連ダム:  平岡ダム
2019.10.21 掲載





あわんぶく 『木々の向こうに』

ダム名:佐久間ダム(千葉県)
撮影日:2019年6月27日

コメント:
静岡の佐久間ダムとは、全く風情の違うアースフィルダム。下流側から堤体に近づけると思ったのですが、草刈りをしているようだったので、これ以上は遠慮しました。木々の間からでしたが、下流側から堤体を見られたので、それなりに満足しました。



(関連ダム:  佐久間ダム
2019.10.18 掲載





田中創 『転倒虫?』

ダム名:四万川ダム(群馬県)
撮影日:2019年9月13日

コメント:
堤体下の公園に木製の昆虫が、裏返しで設置・展示されていました。



(関連ダム:  四万川ダム
2019.10.15 掲載





kazu_ma 『再開発後のダム見学会』

ダム名:鶴田ダム(鹿児島県)
撮影日:2019年9月8日

コメント:
夏の見学会が台風5号により延期され、9/8に改めて開催されました。直下から見上げる堤体の迫力に圧倒されました。



(関連ダム:  鶴田ダム
2019.10.11 掲載





あわんぶく 『歴史有る『海老敷の堰(広田堰)』』

ダム名:広田堰(千葉県)
撮影日:2019年6月27日

コメント:
未舗装の悪路の先で行き着けました。昭和初期に作られた堤体は、草刈りがされていて、改修されながらも大事に扱われている印象でした。そして山の中の静かな湖面は、落ち着いた雰囲気を醸し出していました。特徴有る余水吐きは見られませんでしたが、農業用のアースフィルダムの雰囲気は、とても魅力的でした。



(関連ダム:  広田堰
2019.10.10 掲載





田中創 『本体打設完了』

ダム名:八ッ場ダム(群馬県)
撮影日:2019年9月13日

コメント:
今年6月にダム本体のコンクリート打設が完了し、非常用洪水吐設備の設置工事が完了したのちに、試験湛水を開始するようです。



(関連ダム:  八ッ場ダム
2019.10.7 掲載





moto 『打設開始!』

ダム名:川上ダム(三重県)
撮影日:2019年9月20日

コメント:
堤体初打設を見学しました。無事の竣工を祈るばかりです。



(関連ダム:  川上ダム
2019.10.4 掲載





四国三郎 『ほぼ 真正面』

ダム名:薗原ダム(群馬県)
撮影日:2019年5月19日

コメント:
昨年のこの時期、初めてダムの放流を目の当りにして虜になりました。利根川水系は私にとってメモリアルな山域です。



(関連ダム:  薗原ダム
2019.10.2 掲載





夜雀 『河内川ダム天端にいます』

ダム名:河内川ダム(福井県)
撮影日:2019年8月5日

コメント:
マンホールに描かれているのは河内川ダムすぐ下流の熊川宿の公認マスコットキャラ、「クマ川さん」です。グッズも品切れが続いていましたが補給されました。



(関連ダム:  河内川ダム
2019.9.20 掲載





子持ち・アッカーマン 『自然との調和』

ダム名:小田切ダム(長野県)
撮影日:2019年8月24日

コメント:
ダムの下流は天然の岩がそのまま利用されており、人工的な構造物と自然の岩がうまく調和していました。



(関連ダム:  小田切ダム
2019.9.20 掲載





とらお 『裾花ダム見学会』

ダム名:裾花ダム(長野県)
撮影日:2019年7月28日

コメント:
前日の雨で急遽、放流となりました。



(関連ダム:  裾花ダム
2019.9.11 掲載





四国三郎 『真正面』

ダム名:大洞ダム(埼玉県)
撮影日:2019年5月25日

コメント:
どうしても、大洞ダムの面構えが見たくて、本流を遡行しました。初夏の木漏れ日が溢れる渓は、黒く淀み青く緑に色をなし、白く弾けて流れ下っていました。



(関連ダム:  大洞ダム
2019.9.9 掲載





あわんぶく 『赤の印象』

ダム名:犬上川ダム(滋賀県)
撮影日:2019年6月13日

コメント:
上流側から。真っ赤なローラーゲートを眺めました。静かな山の中、赤と緑のコントラストが素敵で、絵画のような風景を見せてくれていました。



(関連ダム:  犬上川ダム
2019.9.4 掲載





柴ちゃん 『上空から』

ダム名:北辰ダム(北海道)
撮影日:2019年6月2日

コメント:
一発勝負ですが、飛行機からしっかり撮影できました。上空からでも緑の芝生が美しく、きれいに整ったダムとわかります。日本最北端のダム、ステキでした。



(関連ダム:  北辰ダム
2019.9.2 掲載





あわんぶく 『天端への道』

ダム名:芹川ダム(滋賀県)
撮影日:2019年6月13日

コメント:
左岸側に、天端までの新しい道が出来ていました。私は初めての訪問でしたが、以前の写真で見る風景と、ずいぶん印象が変わっていました。



(関連ダム:  芹川ダム
2019.8.30 掲載





田中創 『二段折れ』

ダム名:上ノ国ダム(北海道)
撮影日:2019年6月11日

コメント:
堤体が「への字」と「逆への字」に連続して折れ曲がっている。珍しいのでは。



(関連ダム:  上ノ国ダム
2019.8.26 掲載





まるがりさん 『新緑の中』

ダム名:上来沢川ダム(山梨県)
撮影日:2019年5月5日

コメント:
GWを利用して山梨県の「上来沢川ダム」に行ってきました。幸い水量がなかったため真正面からの撮影が出来ました。石積みが大変美しく、時間が許すのであれば何時間でも眺めていたいダムでした。



(関連ダム:  上来沢川ダム
2019.8.22 掲載





moto 『緑と青』

ダム名:山口防災ダム(石川県)
撮影日:2019年6月12日

コメント:
目を引く青い洪水吐に、波模様とクジラが描かれています。緑に覆われたダムサイトに在って、海を感じる事もできるダムです。



(関連ダム:  山口防災ダム
2019.8.19 掲載





Rico 『心奪われて…』

ダム名:白砂ダム(群馬県)
撮影日:2019年6月9日

コメント:
しとしとと降り続く雨の中、緑鮮やかな狭い谷間に作られた古いダムに心奪われ、思わず車を停めて見いってしまいました。



(関連ダム:  白砂ダム
2019.8.15 掲載


1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99]