過去のトップ写真一覧


※トップ写真を募集しています。応募は 募集要領から。

1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98]
あわんぶく 『赤の印象』

ダム名:犬上川ダム(滋賀県)
撮影日:2019年6月13日

コメント:
上流側から。真っ赤なローラーゲートを眺めました。静かな山の中、赤と緑のコントラストが素敵で、絵画のような風景を見せてくれていました。



(関連ダム:  犬上川ダム
2019.9.4 掲載





柴ちゃん 『上空から』

ダム名:北辰ダム(北海道)
撮影日:2019年6月2日

コメント:
一発勝負ですが、飛行機からしっかり撮影できました。上空からでも緑の芝生が美しく、きれいに整ったダムとわかります。日本最北端のダム、ステキでした。



(関連ダム:  北辰ダム
2019.9.2 掲載





あわんぶく 『天端への道』

ダム名:芹川ダム(滋賀県)
撮影日:2019年6月13日

コメント:
左岸側に、天端までの新しい道が出来ていました。私は初めての訪問でしたが、以前の写真で見る風景と、ずいぶん印象が変わっていました。



(関連ダム:  芹川ダム
2019.8.30 掲載





田中創 『二段折れ』

ダム名:上ノ国ダム(北海道)
撮影日:2019年6月11日

コメント:
堤体が「への字」と「逆への字」に連続して折れ曲がっている。珍しいのでは。



(関連ダム:  上ノ国ダム
2019.8.26 掲載





まるがりさん 『新緑の中』

ダム名:上来沢川ダム(山梨県)
撮影日:2019年5月5日

コメント:
GWを利用して山梨県の「上来沢川ダム」に行ってきました。幸い水量がなかったため真正面からの撮影が出来ました。石積みが大変美しく、時間が許すのであれば何時間でも眺めていたいダムでした。



(関連ダム:  上来沢川ダム
2019.8.22 掲載





moto 『緑と青』

ダム名:山口防災ダム(石川県)
撮影日:2019年6月12日

コメント:
目を引く青い洪水吐に、波模様とクジラが描かれています。緑に覆われたダムサイトに在って、海を感じる事もできるダムです。



(関連ダム:  山口防災ダム
2019.8.19 掲載





Rico 『心奪われて…』

ダム名:白砂ダム(群馬県)
撮影日:2019年6月9日

コメント:
しとしとと降り続く雨の中、緑鮮やかな狭い谷間に作られた古いダムに心奪われ、思わず車を停めて見いってしまいました。



(関連ダム:  白砂ダム
2019.8.15 掲載





山田英明 『梅雨空の千頭ダム』

ダム名:千頭ダム(静岡県)
撮影日:2019年6月15日

コメント:
照明のないトンネルがあるので明るいライト持参して下さい。



(関連ダム:  千頭ダム
2019.7.26 掲載





あわんぶく 『存在感有り』

ダム名:比奈知ダム(三重県)
撮影日:2019年5月14日

コメント:
雨に濡れた堤体がどっしり構え、その存在を主張していました。2段式の副ダム、そして天端側水路が有ると分かる洪水吐きの空間。雨の中で、見惚れていました。



(関連ダム:  比奈知ダム
2019.7.3 掲載





junchan 『ハイダムに留まれるのかな?!』

ダム名:西村ダム(岐阜県)
撮影日:2019年6月13日

コメント:
西村ダムはラジアルゲート4門を備えるダムでしたが、先日通り掛かったら既に3門は撤去された状態でした。現地の工事標識を確認した所、洪水吐ゲート他撤去工事と記載されています。天端の無い全面越流式のダムに生まれ変わるのでしょうか。



(関連ダム:  西村ダム
2019.7.2 掲載





あわんぶく 『工事現場』

ダム名:川上ダム(三重県)
撮影日:2019年5月14日

コメント:
川上ダムの工事現場の見学所「観眺台(みてチョーだい)」に立ち寄りました。「基礎岩盤らしき」と思えるものを見られて満足しましたし、工事が進んでいるんだなと実感しました。



(関連ダム:  川上ダム
2019.6.25 掲載





四国三郎 『魅せられて』

ダム名:奈良俣ダム(群馬県)
撮影日:2019年5月22日

コメント:
春の雪解けと前線の通過から、越流していると・・・夜を徹して訪れました。天女の、あのジュディオングの舞台衣装に似て、その織り成す流れに魅了されました。



(関連ダム:  奈良俣ダム
2019.6.21 掲載





酒井 誠 『清涼』

ダム名:天ヶ瀬ダム(京都府)
撮影日:2019年6月3日

コメント:
天ヶ瀬ダムは大変美しく、これまでも多くの素晴らしい写真を拝見しました。今回は夜間、森林公園からの景色を撮影しました。放流時のライトアップと天端の青いライトが暗闇に浮かび、幻想的な光景でした。



(関連ダム:  天ヶ瀬ダム
2019.6.20 掲載





佳 『美しい水紋』

ダム名:漢那ダム(沖縄県)
撮影日:2019年6月16日

コメント:
沖縄の高速道路を走っていると見える漢那ダム。美しい水紋をチラ見して北部のダム巡り。翌日も越流していることを願いつつ駆けつけたところ素晴らしい水紋を見ることができました。



(関連ダム:  漢那ダム
2019.6.17 掲載





JO 『ライトアップ終了後に』

ダム名:月山ダム(山形県)
撮影日:2019年5月5日

コメント:
ライトアップ終了後の月山ダムも魅力たっぷりです!



(関連ダム:  月山ダム
2019.6.14 掲載





あわんぶく 『隘路の先で』

ダム名:高山ダム(京都府)
撮影日:2019年5月14日

コメント:
高山ダムの、下流側の正面を見られました。ホロージェットバルブからの放流で、静かに水が流れていました。手前の、古そうな桝は、何なんでしょうか?何はともあれ、良い景色でした。



(関連ダム:  高山ダム
2019.6.12 掲載





田中創 『初夏の秋扇湖』

ダム名:鎧畑ダム(秋田県)
撮影日:2019年5月16日

コメント:
ここは、風景写真の有名な撮影ポイントになっていると、撮影に来られていた写真クラブの方が教えてくれました。



(関連ダム:  鎧畑ダム
2019.6.10 掲載





あわんぶく 『新緑の向こうに』

ダム名:室生ダム(奈良県)
撮影日:2019年5月14日

コメント:
天端から下る道中で、新緑の木々の間から、赤いゲートが見えました。小雨降る柔らかい光の中で、落ち着いた感じの堤体、そして赤が映えるゲート。新緑と相まって、素敵な光景でした。



(関連ダム:  室生ダム
2019.6.6 掲載





四国三郎 『ハル』

ダム名:胆沢ダム(岩手県)
撮影日:2019年5月13日

コメント:
胆沢町からはるか西に望む横岳の残雪が「ハル」の字の雪形を浮かべて、本格的な春到来を告げます。



(関連ダム:  胆沢ダム
2019.6.3 掲載





ダム岡 『さすが月山!』

ダム名:月山ダム(山形県)
撮影日:2019年5月3日

コメント:
GWに期間限定特別コースでの内部見学で大迫力の放流を間近で見ることができ大満足でした。



(関連ダム:  月山ダム
2019.5.29 掲載


1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98]