過去のトップ写真一覧


※トップ写真を募集しています。応募は 募集要領から。

1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]
Rico 『2021 美和ダムの夏』

ダム名:美和ダム(長野県)
撮影日:2021年7月25日

コメント:
本来なら立ち入れない場所ですが…見学会に参加し2門放流まで見る事が出来ました。
左岸側にある発電所は建て替え予定だそうです。



(関連ダム:  美和ダム
2021.8.11 掲載





柴ちゃん 『静と動 霧雲と八ッ場ダム』

ダム名:八ッ場ダム(群馬県)
撮影日:2021年7月10日

コメント:
前日の雨から一転。早朝には霧雲が織りなす幻想的な風景を見ることできました。



(関連ダム:  八ッ場ダム
2021.8.2 掲載





焼肉 『ミニすだれ放流』

ダム名:奥里ダム(奈良県)
撮影日:2021年4月18日

コメント:
春のダム巡りでは前日に雨が降ったせいか奥里ダムでは越流が見られました。暑いこの時期からすると、そうめんみたいで美味しそうです。



(関連ダム:  奥里ダム
2021.7.28 掲載





ゴルトタール 『東京の水がめ、五輪の水がめ』

ダム名:小河内ダム(東京都)
撮影日:2021年7月1日

コメント:
1964年、東京砂漠と言われた大渇水。小河内ダムも干上がり湖底の村が出現した。半世紀が経ち再び東京で開催されるオリンピック。多摩川、荒川、利根川水系が連携し五輪の水がめとして発揮してくれることを願う。



(関連ダム:  小河内ダム
2021.7.14 掲載





焼肉 『五月晴れの大井ダム』

ダム名:大井ダム(岐阜県)
撮影日:2021年5月23日

コメント:
梅雨入りの後、雨上がりの大井ダムを訪れました。天気もよく、良いダム日和でした。



(関連ダム:  大井ダム
2021.6.28 掲載





moto 『上池&下池』

ダム名:南原ダム(広島県)
撮影日:2021年5月6日

コメント:
294mの落差で揚水発電を行う明神ダムと南原ダムを1枚に収めました。写真左上に小さく見えるのが明神ダムです。



(関連ダム:  南原ダム
2021.6.21 掲載





焼肉 『雪の茗荷谷ダム』

ダム名:茗荷谷ダム(鳥取県)
撮影日:2020年12月20日

コメント:
最近暑くなってきました。涼しそうな写真を見て、この夏を乗り切りたいところです。



(関連ダム:  茗荷谷ダム
2021.6.17 掲載





ダムぅ〜女 『すだれ放流』

ダム名:鳴子ダム(宮城県)
撮影日:2021年4月27日

コメント:
偶然通りがかったら、すだれていました。大雨予報に備えて?点検も兼ねてでしょうけれどコロナ禍・まん延防止中で、イベントは中止なので、こいのぼり はなく、いつもの風景とは違いますが青空の下思いがけずすだれ放流見ることができました。5月1日〜5月5日までは天端立ち入り禁止のようでした



(関連ダム:  鳴子ダム
2021.6.1 掲載





Rico 『直下より』

ダム名:大間ダム(静岡県)
撮影日:2021年2月28日

コメント:
堤体エプロン部の補修工事も終盤だと知り、川床を歩き辿り着きました。この先、このように見ることはできないと思うと、目の前の堤体に「感動」の一言でした。



(関連ダム:  大間ダム
2021.5.18 掲載





安藤優芯 『銀世界』

ダム名:中里ダム(三重県)
撮影日:2021年1月30日

コメント:
雪の中とても疲れました



(関連ダム:  中里ダム
2021.4.28 掲載





あるまじろ 『雪降るダム』

ダム名:久瀬ダム(岐阜県)
撮影日:2021年1月1日

コメント:
こんな日でも放流しているので嬉しくなります。



(関連ダム:  久瀬ダム
2021.4.23 掲載





山田英明 『ゆく年くる年』

ダム名:月山ダム(山形県)
撮影日:2020年12月31日

コメント:
年末年始のライトアップを見学に行きました。



(関連ダム:  月山ダム
2021.4.13 掲載





ゴルトタール 『青天の霹靂』

ダム名:小向ダム(千葉県)
撮影日:2020年12月18日

コメント:
まとまった雨が降らず、憎らしいほどの青空。訪問時の貯水率は30.3%で大谷川ダム、近隣河川から給水作業が続けられていました。



(関連ダム:  小向ダム
2021.1.27 掲載





美作ダム倶楽部 『星空とダム』

ダム名:苫田ダム(岡山県)
撮影日:2020年11月14日

コメント:
ライトアップを撮影に行ったのですが星空が余りにも綺麗だったので、ライトアップの終了を待って撮影しました。



(関連ダム:  苫田ダム
2021.1.21 掲載





masamasa 『モミジの窓』

ダム名:八塔寺川ダム(岡山県)
撮影日:2020年11月3日

コメント:
左岸の広場から堤体を覗き見しました ( ^ ∀ ^ )



(関連ダム:  八塔寺川ダム
2021.1.14 掲載





柴ちゃん 『湖面に広がる秋空』

ダム名:山村ダム(三重県)
撮影日:2020年11月15日

コメント:
季節外れに暖かく、風もない穏やかな日でした。
天端を歩くと若干の紅葉と秋晴れの空が広がっていました。



(関連ダム:  山村ダム
2021.1.14 掲載





安部塁 『水は限りある資源です』

ダム名:小向ダム(千葉県)
撮影日:2020年12月19日

コメント:
南房総では、異常渇水のため小向ダムの貯水率が30%程度になっています。市民生活を守るため散水車からホースを連結してダム湖への放水が行われていました。タンク容量4トンの散水車を駆使して1日1000トン補給しているそうです。



(関連ダム:  小向ダム
2021.1.6 掲載





子持ち・アッカーマン 『光跡を残して』

ダム名:二瀬ダム(埼玉県)
撮影日:2020年11月14日

コメント:
ダムよりもさらに登ったところにある三峯神社。その参拝帰りでしょうか。車が光跡を残しながら家路へと走り去っていきました。



(関連ダム:  二瀬ダム
2021.1.6 掲載





moto 『苫田ダムライトアップ放流』

ダム名:苫田ダム(岡山県)
撮影日:2020年11月10日

コメント:
差し込んだ光で、日中とはまた趣の異なる美しさを見せるラビリンスでした。



(関連ダム:  苫田ダム
2020.12.22 掲載





加賀美喜久 『晩秋の寺山ダム』

ダム名:寺山ダム(栃木県)
撮影日:2020年11月14日

コメント:
紅葉の寺山ダム、高原山もくっきりと映えた晩秋の風景にしばし見とれていました。



(関連ダム:  寺山ダム
2020.12.22 掲載


1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]